経営者としてどんなに優れた方でも、自らの保険選びや資産運用について詳しいとは限りませんよね。

例えお金のことにある程度詳しくても、知識を更新し続けるのは大変です。

保険商品は都度新しいものが販売されますし、税法は毎年改正されます。金融資産運用については特に最新の情報に基づいて判断したいものです。

経営者仲間に相談するという手もありますが、限度があるでしょう。税理士は税金のことは詳しいですが、保険商品や資産運用のエキスパートではありません。

そのため、お金に関するアドバイスをする専門家である、ファイナンシャルプランナー(FP)への相談を検討することも多いでしょう。
しかし、ファイナンシャルプランナーと一口にいっても、企業系、独立系、資格の有無や資格の種類など、さまざまです。

そこで今回は、「ファイナンシャルプランナーとは何か?」「信頼できるファイナンシャルプランナーの選び方や探し方」などについて解説します。

ファイナンシャルプランナー(FP)の能力で判断する

ファイナンシャルプランナーにできること

ファイナンシャルプランナーは「個人のお金に関する専門家」です。保険・税金・不動産・年金・相続・金融資産運用など、個人が直面するお金の問題について相談を受け、アドバイスを行います。

保険加入や税金対策など個別の事案だけではなく、個人の収入や家族構成など細かな状況を踏まえてライフプランニングをサポートできることが特徴です。

注意!ファイナンシャルプランナーは誰でも名乗れる

ファイナンシャルプランナーの仕事では広範囲に渡る専門知識が求められますが、実は資格がなくても名乗れる職業です。
無資格でもファイナンシャルプランナーとして相談を受け付けることはできるのです。

また、税理士や弁護士と違い、独占業務(その資格を持っている人しかできないと法律で定められている業務)はありません。

ただし、後述するFP技能士やAFP(アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー)・CFP(サーティファイドファイナンシャルプランナー)は名称独占資格です。

つまり、無資格者はファイナンシャルプランナーと名乗ることはできても、「FP技能士」「AFP」「CFP」を名乗ることはできません。

ファイナンシャルプランナーの資格5種類の違い

現在日本には国家資格・民間資格合計で、5種類のファイナンシャルプランナー資格が存在します。

国家資格はファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)として1級~3級があります。民間資格にはAFPとCFPがありますが、CFPは国際ライセンスです。

2級FP技能士以上が目安?AFP・CFPは最新知識を持っている?

個人のお金の相談であれば、2級FP技能士・1級FP技能士・AFP・CFPであれば基本的には問題ないでしょう。

「公的年金・社会保険などのライフプランニングと資金計画」「生命保険・損害保険などのリスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産の有効活用等」「相続・贈与・事業承継」などの幅広い知識が問われる試験ですから、一定以上の知識があることは確かです。

また、AFP・CFPは資格の更新に新たな単位取得が必要なことから、定期的に知識が更新されているという期待感があります。

では「3級だからダメか?」「無資格だからダメか?」「1級FP技能士を選べば確実か?」というと、そうとも限りません。

実力があり信頼できるファイナンシャルプランナーが必ずしも上位資格を持っているとは限らないからです。

ファイナンシャルプランナーの得意分野で判断する

弁護士や税理士などの士業にも得意分野があるように、ファイナンシャルプランナーにも得意分野があります。

ファイナンシャルプランナーの主な分野

ファイナンシャルプランナーに相談できる代表的な内容をあげてみます。

・ライフプラン(家計管理・教育資金など)
・老後について(年金・老後の生活設計・介護費用など)
・不動産(住宅資金など)
・保険などを用いたリスク管理
・税金(医療費控除や配偶者控除など)
・資産運用
・相続や贈与・事業承継

上記のほかにも、様々なお金に関する疑問について相談することもできます。

このように、相談できる範囲が非常に幅広いファイナンシャルプランナーだからこそ、専門分野に偏がでてくるとも言えます。

実際に、毎日保険の相談を受けていても、金融資産運用の相談を一度も受けたことのないファイナンシャルプランナーも存在するのです。

大切なお金のことを相談するのですから、知識だけでなく相談を受けた実績が多いファイナンシャルプランナーがいいですよね。
例えば、資産運用のアドバイスが欲しいなら、資産運用の相談を専門的に受けているファイナンシャルプランナーが適任でしょう。

得意分野を調べる方法

それではファイナンシャルプランナーの得意分野を調べるにはどうしたらよいのでしょうか?

直接聞いてもよいでしょうし、知り合いのファイナンシャルプランナーにそれぞれの専門分野に強いファイナンシャルプランナーを紹介してもらうこともできるでしょう。

独立系のファイナンシャルプランナーはホームページを開設していたり、執筆経験のあることも多いですから、それらの内容から実績を確認することもできます。

また、日本FP協会では、相談したい分野と所在地などの条件からファイナンシャルプランナー(CFP)を検索するシステムを提供しています。CFP認定者の性別や年齢、相談料金や販売している金融商品から検索することも可能です。

※引用:CFP認定者検索システム|日本FP協会より抜粋

無料と有料どちらに相談すべきか

無料相談の問題点

無料で相談できるファイナンシャルプランナーもいます。しかしその大半が企業系FPといって、自社または提携する会社が提供する商品を相談者に紹介することを目的としています。保険の無料相談・金融機関が主催する無料マネーセミナー・住宅展示場での住宅ローン相談などです。

これらは金融商品や保険商品、不動産の販売益を収入源としていますから、無料相談が成り立つわけです。

相談料が無料になっても、不要な保険に加入してしまうリスクや、相談に乗ってもらったことで断りにくくなってしまうリスクを考えると結果的に損をしてしまう可能性もありますよね。

担当のファイナンシャルプランナーがどんなに誠実に相談に乗ってくれ、自社の不利益になることもきちんと説明していたとしても、相談者側が「客観的な視点からのアドバイスではないかも?」と疑ってしまえば、信頼関係は築けません。

相談の目的が合致していれば無料相談でも対応可能

例えば、「生命保険を見直したい」など、目的が明確で相談したい範囲が特定されているのであれば、無料相談も役に立つでしょう。

複数社の保険商品から、顧客のニーズに合ったものをピックアップしてくれるサービスなどは参考として利用する価値は十分あります。
旅行に行きたいときに、旅行会社に相談するようなものですね。

日本FP協会の無料体験相談

日本FP協会でも無料体験相談を定期的に実地しています。

東京・大阪など大都市中心に全国8カ所で行われていますので、お近くにお住いの方は検討してみてはいかがでしょうか。こちらの無料相談は人気がありますので、早めの予約をおすすめします。

有料相談の相場

それではファイナンシャルプランナーへの有料相談の相場はというと、1時間5千円~と安くはありません。より深い専門知識が必要な相談内容の場合は2万円程度かかることもあります。

また、1時間当たりの料金設定だけではなく、月額相談料・年間相談料を設けた顧問制をとっているファイナンシャルプランナーもいます。
顧問料はファイナンシャルプランナーによって異なりますが、個人だと月々数千円~・年間3万円台~です。

相談回数の制限がない場合はもう少し高くなる傾向があります。また、世帯総資産額が多いと増額される場合もあり、年間契約料が十万円以上という高額なFP事務所もあります。

相性の良さも大切な判断基準

ファイナンシャルプランナーを選ぶ上で、相談内容に対する経験値が高くアドバイスの内容が客観的で的確なことや、信頼できることはとても重要です。

1度限りの無料相談などではなく、継続的に相談する可能性があるのでしたら、ファイナンシャルプランナーと自分との相性も大切です。早口に説明されるのが苦手な方もいれば、ゆっくりとした説明口調が苦手な方もいるでしょう。

また、ファイナンシャルプランナーの性別も相性に関係することがあります。家計の相談は実体験に基づいたアドバイスをくれる女性が良い、という方も多いでしょう。反対に、投資の相談では男性の方が話しやすいという方もいるかもしれません。

 FPへの相談の頻度はどれくらいか

「ファイナンシャルプランナーへ一度相談してみたい」という方はいても、「ファイナンシャルプランナーとの顧問契約」はピンとこない方が多いかもしれません。

「保険の見直し」「現時点でのライフプランの作成」「家計の見直し」など、目的が限定されている場合、一度の相談で済むことも多いでしょう。

「金融資産運用」も一般的なレベルであれば無料相談や1度の相談で問題ないかもしれません。

1度だけであれば、あまり相性は関係ありませんし、得意分野や実績を重視で選んでいいでしょう。

しかし、ライフプランは定期的な見直しが必要です。

収入が上がった場合・下がった場合の家計の見直しや、結婚による生命保険や貯蓄プランの見直し、出産による生命保険の追加・変更や教育費の確保など、ライフプランの見直しが必要な場面は多々あり、複数回にわたってファイナンシャルプランナーに相談する機会があります。

定期的に見直しが必要な場合、同じファイナンシャルプランナーに依頼すれば再度のヒアリングの手間も省けるでしょう。

定期的に相談するとなると、人間的な相性の良さは重要になってきますね。

ちなみに、顧問契約をしている顧客には、急ぎの相談にも優先的に対応するというFP事務所もあります。

また、節税効果を加味した資産運用や、相続など専門性の高い相談内容の場合、同じような案件を専門的に取り扱っているファイナンシャルプランナーを探すのは容易ではありませんから、継続的に依頼する方がよいこともあります。

ファイナンシャルプランナーの探し方

自分に合ったファイナンシャルプランナーを探すには、日本FP協会の無料体験相談を利用したり、ファイナンシャルプランナーが開催しているセミナーに参加したりと、直接どんな人がいるのか確認する機会を増やすのが近道です。

そのような場がなければ、ホームページやファイナンシャルプランナーの検索サイトを利用したり、知り合いのファイナンシャルプランナーから特定分野に強いファイナンシャルプランナーを紹介してもらうのもよいでしょう。

実際に会うことでどんな人なのか確かめられますし、質問をすれば「実績」「対応できる範囲」を確認できるでしょう。

まとめ|良いFPを見つけるには「正しい」探し方を覚えておくことが大切

お金のことを気軽に相談できる相手はなかなかいません。しかし、豊かな人生に欠かせないのがお金です。

個人のお金の相談相手には、

「相談内容や希望をきちんとヒアリングできる」
「客観的で的確なアドバイスができる」
「相談内容に対して専門的な知識と経験値がある」
「相談者にとって話しやすい」
「わかりやすく説明してくれる」

このような実力のあるファイナンシャルプランナーを選びたいものです。

できれば複数人と会ってみて、相性のよい相手を選ぶとより安心ですね。