自己投資とは、将来の自分価値をあげるため、自分自身にお金や時間を費やすことを指します。一方で、何が効果的なのか、具体的にどのようなことから始めるべきか、一歩を踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

また、自己投資の定義は人それぞれであるため、一見曖昧に見えてしまいますが、あくまで「投資」であるため、将来的に自分に対してリターンがあることが前提となります。

今回は、浪費や自己満足で終わらないためにはどうするべきか、なぜ若いうちから自己投資を始めるべきなのか、また具体的な自己投資の始め方について、ご紹介します。

自己投資とは|おさえておきたい2つのポイント

出張

「投資」をするからには、しっかりとポイントを抑え、有効な自己投資を行いたいものです。ここでは、自己投資を始める前におさえるべき2つのポイントについて、解説いたします。

なぜ若いうちから自己投資が必要なのか

自己投資を始めるなら断然若いうち、つまり20代や30代前半から始めることをおすすめします。なぜなら自己投資は短期間で身を結ぶものではなく、長い時間をかけた先にリターンがあるものだからです。

つまり早いうちに始めた方が、人生においてより長い間、その恩恵にあずかることができると言えるのです。

一方で「遅くてもやらないよりはマシ」という言葉もある通り、新しいことを始めるのに遅すぎることはありません。年齢を問わず、興味のある分野や、もっと磨きたいスキルがあれば、投資をはじめるべきでしょう。

自己投資は「手段」であり「目的」ではない

冒頭でもご説明した通り、「投資」をするからには将来的にリターン=成果があることが大前提です。

自己投資は将来の自分の価値を高めるための「手段」であり、取り組み自体が「目的」にならないよう注意しましょう

成果が伴わない「自己満足」で終わらないためには、下記のように、自己投資した先の「目的」をしっかりと設定することが大切です。

自己投資(手段) 何のため、どうなるため(目的)
英語を学ぶ 海外に駐在したい、そのためには社内の規定でTOEIC750点以上のスコアが必要だから。
FPの資格を取る 金融業界でのキャリアアップを考えているが、将来より好条件の職に就き、活躍したいから。
パーソナルトレーニングに通う 正しい体の動かし方を学び、定期的に運動することで、ストレスや疲労に強い体を手に入れたいから。

社会人がすべき自己投資4選|目的別におすすめを紹介

一口に「自己投資」といっても、その投資先や方法は様々なものがあります。仕事をしながら行うべき自己投資は、大きく分けて下記の4つです。

  1. 知識やスキルへの投資
  2. 経験への投資
  3. 健康への投資
  4. 環境への投資

ここから先は、これらの4つの自己投資について、

  • 必要な投資額目安
  • 習得に必要な期間
  • 期待できるリターン

の3つの基準と、具体的な投資例をご紹介します。

1. 知識やスキルへの投資

共済 特徴

幅広い知識や専門的なスキルを身につけることは、キャリアアップや収入アップにつながります。

たとえば外国語、プログラミング、資格の取得などです。

知識とスキルの習得のため、独学で勉強したり、スクールに通うという方法もありますが、現在では隙間時間でどこでも受講が可能なオンラインサービスも充実しているので、ぜひこういったサービスも活用してみてください。

語学学習

  1. 必要な投資額目安:月額およそ1万円前後
  2. 習得に必要な期間:週3〜4回、1年ほどで効果を実感できる
  3. 期待できるリターン:海外案件への参画や、駐在員としての活躍。業務の幅が広がることから、収入アップも期待できる。

昨今のグローバル化に伴い身につけておいて間違い無いのが語学のスキルです。
語学学習は月額1万円以下から始められるサービスも多く、何から始めるか迷っている方にはおすすめです。

DMM英会話

出典:DMM英会話

DMM英会話は、英会話レッスンの質もさることながら、無料学習アプリ「iKnow!」を利用して学習を進められることも人気のサービスです。また、世界118カ国の講師が在籍しており、講師の承諾を得られれば英語以外の言語でのレッスンも可能であることも特徴です。ビジネスチャンスのある国や、駐在を狙っている国出身の講師を探して、レッスンを進めてみてはいかがでしょうか。

▼無料体験レッスンはこちら
DMM英会話

ベストティーチャー

ベストティーチャーはオンラインでは唯一、ライティングとスピーキングを両方鍛えらる英会話スクールです。「読む、書く、聞く、話す」の4技能を使うレッスンで、それぞれのスキルをバランスよく身につけることができます。

特徴は試験対策コースの豊富さで、TOEIC SW、TOEFL iBT、英検(1級、準1級、2級)といったメジャーな試験から、IELTS、TEAP、GTEC CBTといった実践的な資格試験対策まで幅広く網羅されています。昇給や海外駐在の条件に、これらのテストの受験が必須という方にはおすすめのオンラインスクールです。

▼無料体験レッスンはこちら
ベストティーチャー

ビズメイツ

ビジネス特化型のオンライン英会話でNO.1の実績を誇るBizmates。その特徴はビジネス経験豊富な講師から、「コミュニケーションスキル」「文化や価値観の受け入れ方」「リーダーシップ」「信頼関係を築くための人間性」といったビジネスで成果を出すための思考力を学部ことができる点です。

英語での商談で活躍したい方はぜひ、Bizmatesでビジネス英語を勉強してみてはいかがでしょうか。

▼無料体験レッスンはこちら
ビズメイツ

プログラミング学習

  1. 必要な投資額目安:30万円程度
  2. 習得に必要な期間:3ヶ月〜半年
  3. 期待できるリターン:最先端のプログラミングスキルを身につけることで活躍の場を会社以外にも広げることができる。また、フリーランスでも仕事がしやすくなる。

小学校でのプログラミング教育が必修化したように、プログラミングスキルはこれからの社会においては必要不可欠なスキルといえるでしょう。また、プログラミングはリモートワークとの相性も良いため、将来場所を選ばずに仕事をしたい方や、独立を目指す方にもおすすめです。

CodeCamp

出典:CodeCamp

CodeCampはマンツーマンでプログラミングを学ぶことができるオンラインスクールです。

多くの企業でもCodeCampを取り入れており、オンラインプログラミングレッスン No.1と言われています。

目的別、期間別でコースが分かれているため選びやすく、朝7時〜夜23時で受講できるので、ライフスタイルに合わせて勉強することができます。

▼無料体験レッスンはこちらから
CodeCamp

テックキャンプ

サブスクリプションで最新の技術を学び放題のテックキャンプ。入会金が198,000円と少々根が張りますが、入会金さえ払ってしまえばあとは月額19,800円で、Webサービス開発、AI(人工知能)入門、デザインなど、様々な技術を短期間で身につけることができます。教室は東京に4校、名古屋と梅田に1校ずつありますが、近くに教室がない方はもちろんオンラインでの受講も可能です。

▼無料オンライン説明会はこちら
テックキャンプ

資格取得

  1. 必要な投資額目安:10万円〜40万円程度(資格により異なる)
  2. 習得に必要な期間:半年〜1年程度
  3. 期待できるリターン:国家資格など専門的な資格を身につけることで会社にとって必要不可欠な存在になる。また、転職にも有利。

資格取得はスキルアップの程度を定量的に測りやすく、スキマ時間でも取り組むことができるためおすすめです。難易度や必要な費用は資格によりそれぞれですが、資格試験から逆算することでスケジュールも立てやすいのも特徴です。

ユーキャン

ユーキャンは受講生累計1千万人の実績を誇る大手の通信講座で、趣味の習い事から国家資格まで、さまざまな資格を網羅しています。講座によっては教室を開設し、通学で試験対策ができるものもあり、通信講座といえどきめ細やかなサポートがあることが特徴です。

▼通信講座申し込みはこちらから
ユーキャン

クレアール

「クレアール」は、資格受験指導歴50年を誇る老舗の通信講座。開講講座は公認会計士、税理士、宅建など国家試験10種類です。メインの教材に加え、スマホやパソコンから弱点の補強や問題解法プロセスの習得ができる映像コンテンツもあり、移動の時間なども、学習の時間に充てることができます。

▼お問い合わせはこちら
クレアール

2. 経験への投資

社員旅行 経費

多角的な物事の捉え方や、深い価値観を手に入れたい方は、経験へ投資しましょう。新しい出来事を体感することで、凝り固まった固定観念を払拭でき、人としての成長を実感することができます。

  1. 必要な投資額目安:3万円〜15万円程度
  2. 習得に必要な期間:1日〜1週間
  3. 期待できるリターン:見たことのない景色を見て、触れたことのない文化に触れ、広い視野や豊かな考え方を学ぶことで、人格が成長する。

まとまった休日が取れたら海外旅行に行くことも良いですが、週末を利用して隣県へ足を伸ばしてみることも、新しい気づきを与えてくれるきっかけになります。また海外旅行は、常識が通用しなかったり、満足なコミュニケーションが難しい中をサバイブすることで、これまでになかった価値観を手に入れることができるでしょう。

セミナー参加

  1. 必要な投資額目安:3000円〜1万円程度
  2. 習得に必要な期間:1日〜1年(セミナーにより異なる)
  3. 期待できるリターン:最新の情報を学びアウトプットすることで、得た情報を自分が資産になる。また、参加者同士の交流で人脈も広がり情報交換が有利になる。

セミナーに参加する際に注意したいのは「多くの参加者のうちの一人」になってしまわないことです。受講料以上の価値を得るためには、「セミナーで学んだ知識を別の誰かにレクチャーできるようになる」ことを目標にし、参加しましょう。

そして実際にセミナー後には、学んだ内容を自身のブログやSNSで発信(アウトプット)しましょう。そうすることで、セミナーで学んだ知識はその場限りのものではなく、一生の資産になります。

ボランティアの参加

  1. 必要な投資額目安:0円〜5000円程度
  2. 習得に必要な期間:1日
  3. 期待できるリターン:仕事以外の、利害関係のないコミュニティが広がることで人生が豊かになる。

ボランティアに参加することは、費用を抑えて新しい経験をするのに非常に有効です。ボランティアによって参加費用をドネーションに充てたりなど様々ですが、興味のある分野のボランティアに参加することで、興味関心の近い人たちと出会うこともできますし、またその逆も然りです。

会社以外にコミュニティを作りたい方はぜひ、ボランティアに参加してみましょう。

3. 健康への投資

法人保険の全体像

疲れにくい体、ストレスに強い体を手に入れたい方、また、年齢を重ねても若々しく行動したい方は健康へ投資しましょう。

健康な体でいることはメンタルにも良い影響を与えますし、適度な運動は脳の前頭葉を刺激し、仕事上のパフォーマンスも上がることがわかっています。

定期的にトレーニングをする

  1. 必要な投資額目安:0円〜20000円程度
  2. 習得に必要な期間:1ヶ月以上
  3. 期待できるリターン:定期的に運動することで疲れにくくなり、寝つきも良くなる。時間や集中力の管理もできるようになり、その結果仕事のパフォーマンスも上がる。

適度な運動が精神面や仕事におけるパフォーマンスにまで好影響を与えることが、近年の研究で明らかとなっています。

例えばApple社CEOのティム・クック氏、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏、日本マクドナルドやベネッセの社長を歴任した原田泳幸氏、さらには楽天社長の三木谷浩史氏など、一流のビジネスパーソンは共通して、日々の生活に運動を取り入れています。

肌や爪のケアをする

  1. 必要な投資額目安:0円〜3000円程度
  2. 習得に必要な期間:1週間程度
  3. 期待できるリターン:肌や手元のケアをすることで清潔感がアップする。第一印象が良くなることでコミュニケーションも円滑になり、商談でも有利になる。

一見健康とは関係なさそうに見える美容への投資ですが、肌や爪がきれい=健康に見えることはコミュニケーションに置いて非常に重要であると言われています。

特に肌や爪などは人の目に触れやすいため、男女問わずケアをするべきパーツと言っても良いでしょう。もしこれまで、肌や爪のケアに無頓着だったようであれば、洗顔後の化粧水や、ハンドクリームを持ち歩くことから始めてみてはいかがでしょうか。

4. 環境への投資

生命保険が税金対策になる仕組み

ビジネスにおいても日常生活においても、、穏やかで生産的な日常を手に入れるためには、環境へ投資しましょう。自分を取り巻く環境を快適に整えることで、無駄なことにエネルギーを使う必要がなくなります。

仕事道具への投資

  1. 必要な投資額目安:3万円〜数十万円
  2. 習得に必要な期間:1週間程度
  3. 期待できるリターン:メンテナンスの行き届いツールを使うことでストレスなく仕事を進めることができ、結果としてパフォーマンスが向上する

スーツ、PC、音響機材など仕事で使うツールを最新のものにアップデートしておくのも、自己投資のひとつです。PCやスマホなどは周りのテクノロジーの変化により、古いものでは処理能力が追いつかなくなります。劣化した道具と最新の道具では、自分のスキルや能力に関わらず、後者の方が高いパフォーマンスを出せる可能性が高くなります。

古いものを長く使うのも美徳ですが、メンテナンスや、場合によっては新調することも考えてみてください。

住居への投資

  1. 必要な投資額目安:50万円〜150万円
  2. 習得に必要な期間:数ヶ月
  3. 期待できるリターン:職場の近くに越すことで通勤時間が大幅に減り、満員電車のストレスが軽減、また自由に使える時間が増え、自己投資に積極的に取り組めるようになる。

そもそもの生活の基盤となる住環境がストレスフルだと、良いパフォーマンスは出せません。通勤時間にあまりに時間を取られているようであれば、職場の近くに引っ越してみるのも良いでしょう。

逆に住居が繁華街に近いがために、安眠を妨げられているようであれば、繁華街から少し離れた土地に引っ越した方が良いでしょう。

人間関係への投資

  1. 必要な投資額目安:3000円〜1万円
  2. 習得に必要な期間:数ヶ月
  3. 期待できるリターン:同僚や上司と仕事以外の場所で交流をすることで心理的な距離が縮まり、仕事の相談がしやすくなる。転職をすることでイヤミな同僚や理不尽な上司の反応を気にすることなく仕事ができるようになり、最大のパフォーマンスを発揮できるようになる。

人脈を広げたり、人との関係を円滑・良好に保つため投資をするのも重要です。むやみやたらと新しく人と出会うことが良いわけではありませんが、すでにある人脈を大切にするのと同時に、有益な繋がりを得るためにはコミュニティを広げることが重要です。

万が一職場の人間関係に絶望しているようであれば、転職をして環境を変えてしまうことも有効な手段です。

DODA

出典:DODA

DODAは求人数がとても多く、特に非公開求人の質が抜群と言われています。また、職務経歴書作成・面接対策など、転職活動成功のためのサポートも充実しているため、転職が初めてという方も、まずは登録からはじめてみてはいかがでしょうか。

▼DODAの登録はこちら
DODA

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントです。累計で40万人以上の転職成功実績があり、転職を成功させているノウハウが豊富にあることが特徴です。

▼リクルートエージェントの登録はこちら
リクルートエージェント

type転職エージェント

IT・通信業界の転職成約実績が豊富なtype転職エージェント。転職者の71%が年収アップに成功していると言われており、今の自分の給与に満足できていない方は登録する価値がありそうです。

▼type転職エージェントの登録はこちら
type転職エージェント

時間をお金で買うのも、自己投資の一つ

共済と保険の比較

時は金なりと言いますが、お金を使うことで無駄な時間を短縮するのも自己投資の一つです。

例えば、普通電車を何度も乗り継いで片道2時間かかる場所へ行くために、1000円かかるとします。しかし、特急列車の2500円の切符を買えば30分で到着できるとしたら、その差である1時間半の時間を、移動ではない生産的な時間として活用することができるのです。

また、「週末は家事をしているだけで1日が終わってしまう」という場合には、家事代行サービスなどを利用するのも有効です。
もちろんお金と時間の優先順位は人それぞれですし、お金に余裕がないのにタクシーばかり使っていては、賢い投資とは言えません。

自分の状況や優先順位を鑑みて、賢くお金と時間を補完しましょう。

自己投資の元手を確保する2つの方法

ここまで、さまざまな自己投資の方法についてご紹介しました。元手ゼロから始められるものもありますが、「投資」というだけあり、多くの場合まとまった資金が必要です。
この自己投資の資金は、どのように捻出したら良いのでしょうか。

節約で貯める

ラテ・マネーという言葉をご存知ですか?

アメリカ人のフィナンシャル・アドバイザー、デヴィッド・バック氏が著書の「自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア」で定義した言葉です。日々のコーヒーの購入など、ちょっとした支出を「ラテ・マネー」と紹介したことから広まりました。

例えば毎朝出社前に購入するカフェラテ、昼食後に買うおやつやペットボトル飲料、なんとなく買ってしまう文房具や便利グッズ。それぞれ1度に使っている金額は数百円程度なので、贅沢をしているつもりはないでしょう。

しかし、これらが本当に必要なのか?を考え、その数百円を使わずに貯蓄に回すことができれば、1ヶ月後にはそれなりの金額を貯蓄できるのです。

もし1日500円我慢することができれば、1ヶ月で15,000円の節約につながります。

自身の支出を把握できていない方は、家計簿をつけてみることもおすすめです。

副業で稼ぐ

2018年にはソフトバンクや丸紅、日産などの大手企業が副業を解禁し、また多様な働き方を容認する世の中の流れから、副業を認める企業が増えてきています。

とはいえ、「副業に使えるスキルを持っていないから」などの理由から、躊躇している人も多いのではないでしょうか。もちろん、専門的なスキルを持っていれば副業を始めるのに有利ではありますが、未経験でも始められる副業は多く存在します。

例えばフリマアプリやインターネットオークションを利用して不用品を転売したり、自身のブログを立ち上げてアフィリエイト収入を得るなど。どれも定期的な収入や、大きな金額を得るためには地道な努力が必要ですが、進めていくうちにコツを掴めるものなので、まずは興味のあるものから、始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ|自己投資は真剣に取り組めばローリスク・ハイリターン

自己投資について、ご理解いただけたでしょうか。

自己投資はあくまで「手段」であり「目的」ではありません。大切なことは、自己投資をした上でどのように自分の価値を上げたいのか、目的をしっかりと設定することです。

自己投資は一朝一夕に身を結ぶものではありません。思い立ったが吉日、より輝ける未来のため、今日から自己投資をはじめてみませんか?