社会のグローバル化に伴い、ビジネスシーンにおいて英語を使う機会が増えてきています。

海外のクライアントや外資系の取引先に向けて、英語でプレゼンテーションを行う機会のある方も多いのではないでしょうか。

一方で、日本語を英語に直訳するだけでは伝わりづらかったり、プレゼン内で説明した内容について質問が多く寄せられてしまったりと、言語が変わるだけで伝えたいことが伝わらない、といった声も耳にします。

英語でのプレゼンを成功させるには、日本語でのプレゼンとの違いを意識し、構成・発表することが重要です。

本記事では、英語でのプレゼンテーションを成功させるためのポイントをご紹介します。

▼関連記事
ビジネス英会話については、別記事「実践で通用する!ビジネス英会話でスキルアップする3つの方法」もご覧ください。プレゼンに限らず、ビジネス英会話習得のためのノウハウを徹底的に解説しています。
《無料体験が充実!》自宅でもオンライン英会話を活用しよう
新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛によるリモートワークのニーズが高まっています。海外出張や留学もなくなり、今後のキャリアに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなときにこそ、自宅にいる時間を有効活用して、オンライン英会話でスキルアップを目指しましょう
    1. ビジネスに活かせる:ネイティブキャンプ産経オンライン英会話など
    2. IELTS・TOEFL対策コースが充実:mytutor(マイチューター)など
    3. 相手に顔を見せなくてもOK:EFイングリッシュライブなど
  学習目的やレベルに応じて、実にさまざまなレッスンから自分に合ったものを選ぶことができます。まずは無料体験から、気軽に始めてみるのはいかがでしょうか?

英語のプレゼンテーションの基本となる3つの構成

プレゼンを作成する際に多くの日本人が意識するのが「起承転結」ではないでしょうか。

一方、英語でのプレゼンは、下記3つのパートで構成されていることが基本です。

  1. Introduction(導入)
  2. Main body(本論)
  3. Conclusion(結び)

具体的なフレーズを見て行く前に、まずは、これらの3つのパートの役割について確認しましょう。

1. Introduction(導入)

聞き手との関係性を構築したり、本論で何を話すのかについての頭出しをしたりなど、プレゼンにおいて注意を引く大切なパートです。

このIntroductionで話す内容は、下記になります。

  • 挨拶
  • 自己紹介
  • プレゼンの目的、テーマや概要
  • 結論を簡潔に頭出し

この程度に絞り、あくまで聞き手の興味を引く程度に、冗長にならないように気をつけましょう。

2. Main body(本論)

Main body(本論)では、Introductionで頭出ししたポイントを詳しく説明していきます。

ここでは数値が示されたデータやグラフ、具体的な実例を交え、プレゼンしたい内容をアピールします。定量的な情報を取り込み、根拠に信憑性を持たせることが重要です。

3. Conclusion(結び)

Conclusionでは、Main bodyで話したことを要約し、結論を述べます。

あらためて何を伝えたかったのかを繰り返して強調し、最後に感謝の言葉を添えることも忘れないようにしましょう。

英語でのプレゼンテーションを成功させるための4つのポイント

ここまでは、英語でのプレゼンを構成する3つの枠組みをご紹介しました。

この章では、実際にプレゼンを行う際に気をつけるべき4つのポイントをご紹介します。

1. 結論から話す(Resolution-first)

英語の文法がそうであるように、英語でのプレゼンは、必ずはじめに結論を述べ、その後に説明をする、といった順序で進めていきます。

プレゼン全体を通した際に、冒頭で結論を頭出ししておくといった点に加え、一つ一つの事象を説明する際にも、はじめに目的を述べることも大切です。

【良い例】結論が先、説明が後
ここで最も重要なのは、本製品を業界の最安値に設定した点です。こちらのグラフでも示してある通り、本製品の市場は〜〜〜だからです。
【悪い例】説明が先、結論が後
グラフをご覧ください、本製品の市場は〜〜〜という状況にあります。そのため我が社では、本製品の価格を業界最安値に設定しています。

2. ボディランゲージやアイコンタクトも忘れずに

プレゼンをする際に、ついついスクリーンや手元の原稿ばかり見ていませんか?

日本語でプレゼンを行う場合もそうですが、英語でのプレゼンはより、ボディランゲージやアイコンタクトといった、非言語コミュニケーションが重要視されます。

抑揚をつけて話すことも大切ですが、強調したい部分にボディーランゲージを加えたり、会場に目を向け、ピリオドのタイミングで聞き手としっかりアイコンタクトを取ることで、聞き手を飽きさせないプレゼンを行うことができます。

これらの非言語コミュニケーションを実践できれば、印象に残るプレゼンとなるでしょう。

3. スライドはできるだけシンプルに

日本人がスライドを作る際によく起こがちなのが、1枚のスライドに情報を詰め込みすぎることです。「後から見返しても分かりやすいように」といった配慮からの構成である場合もありますが、あくまでプレゼンありきのスライドです。

スライドには文字を詰め込みすぎず、シンプルに作成するよう心がけましょう。

4. 使いやすい単語やフレーズを使う

難しい英単語を用いることで箔をつけようとすると、いざ本番というタイミングで言葉が出てこなかったり、発音が複雑であることから聞き手に伝わらなかったりと、却ってよくない結果を招く場合があります。

また、聞き手が全員英語ネイティブであるとは限らないため、代替可能な単語については、できるだけシンプルで、自分にとって馴染みのある単語を使うことをおすすめします。

英語のプレゼンテーションのお役立ちフレーズ

プレゼンの構成や話し方のポイントについて理解できたら、どのようなフレーズを使うべきか、みていきましょう。

1. Introduction(導入)でよく使われるフレーズ

① 自己紹介

Hello, everyone. /Good morning everybody.
皆さんこんにちは。/おはようございます。
Thank you for attending today./Thank you for coming today.
本日はご参加いただき/お越しいただきありがとうございます。

Let me introduce myself first.
まずは自己紹介させてください。

My name is 〇〇, director of ××. /I am 〇〇, from ××.
私の名前は〇〇です。××社のディレクターをしています。/私は××社の〇〇です。

ご参考までに、よく使われる役職名・部署名の英訳は下記の通りです。

▼部署名
開発部:Development Department
製造部:Manufacturing Department
企画部:Planning Department
営業部:Sales Department
総務部:General Affairs Department
人事部:Personnel Department
広報部:Public Relations Department
経理部:Accounting Department
法務部:Legal Department
▼役職名
取締役会長:Chairperson
取締役社長:President
最高経営責任者:Chief Executive Officer(CEO)
最高執行責任者:Chief Operating Officer(COO)
最高財務責任者:Chief financial officer(CFO)
専務取締役:Senior Managing Director
常務取締役:Managing Director
監査役:Audit
部長:General Manager / Division Manager
次長:Deputy General Manager
課長:Section Manager
係長(主任):Supervisor / Chief

② プレゼンの目的を伝える

Today I’d like to talk to you about 〇〇.
本日は〇〇についてお話ししたいと思います。
Here we’d like to introduce 〇〇 today.
本日こちらでは〇〇の紹介をしたいと思います。
Today’s main topic is 〇〇.
本日のメイントピックは〇〇です。
I’m here today to talk about 〇〇.
本日は○○についてお話しするためこちらへ参りました。

③ プレゼンの概要を伝える

We will talk about three things today. First, about our new product features. Second, its new technology. And finally, the fee structure. The presentation will take about 90 minutes.
本日は三つの事柄についてご説明いたします。まず新製品、続いて新技術、最後に料金体系についてです。本プレゼンは1時間半の予定です。
There are three things I’d like to cover today. Firstly, I will talk about (our new technology). Then I will explain (new product features). Finally, I will describe (our new pricing system).
本日の内容は3部で構成されており、まず弊社の新しいテクノロジー、次に製品の特長について、最後にプライシングシステムについてご説明いたします。

3. Main body(本論)でよく使われるフレーズ

I’d like to start by looking at our new technology.
まず最初に私たちの新しい技術について説明します。
Please take a look at bar chart on the left.
左手にある棒グラフをご覧ください。
Next, I’d like to talk about new product features.
次に製品の特長についてお話いたします。
I’m proud to introduce this new product.
自信を持ってこの新製品をご紹介します。
Let’s move on to our new pricing system.
次に我々の新しいプライシングシステムについてお話いたします。

4. Conclusion(結び)でよく使われるフレーズ

I’m now going to give a brief summary of what we have covered…
本日の要点をお伝えすると・・・
In conclusion, …
結論としては、
We’re coming to the end, …
最後になりますが、
Thank you for your listening.
ご静聴ありがとうございました。
Thank you again for taking time for this presentation.
あらためまして、本プレゼンのためにお時間をいただき、ありがとうございました。

参考:
https://www.berlitz-blog.com/english-presentation
https://atenglish.com/blog/english-presentation-7120.html
https://www.bizmates.jp/blog/presentation/
https://foreignlang.ecc.co.jp/learn/l00032/

英語でのプレゼンテーションは練習が大事!おすすめのインプット教材と3つの練習方法

これまでご紹介した、構成・成功させるためのポイント・便利なフレーズを参考に、プレゼンテーションの原稿とスライドが完成したら、本番を想定して練習を行いましょう。

練習は、プレゼンの上手な人を参考にしたり、自分のプレゼンを動画に撮ってブラッシュアップしたり、第三者にみてもらうなど、客観的な視点を持ってで行うことが大切です

1. 他の人のプレゼンを参考にする

英語でのプレゼンは、テンポや間の置き方など、非常に独特なものがあります。
実際のプレゼンはどのようなテンポで進められているのか、他の人のプレゼンを見て研究するのも良いでしょう。

ここでは、TEDトークより3つの動画をご紹介します。

Connecting the dots: Fujiyo Ishiguro at TEDxTokyo (English)

https://youtu.be/d4FXpDrfg4Y

ショーン・エイカー 幸福と成功の意外な関係

https://youtu.be/fLJsdqxnZb0

TEDxで賢そうにプレゼンする秘訣 | ウィル・スティーブン

https://youtu.be/8S0FDjFBj8o

2. 自分で録画して振り返ってみる

”英語での”プレゼンに限った話ではありませんが、スライドと原稿が出来上がったら、まずは声に出して読み上げてみましょう。言いにくい部分があれば、言い回しを変えた方が良いかもしれません。そして実際にスライドを操作しながら録画をして、どれくらい時間がかかるのかも測っておきましょう。

客観的に自身のプレゼンを見てみることで、早口になっていないか、手元ばかり見ていないか、どの部分をより強調すべきか、などが見えてきます。

3. 他人からフィードバックをもらう

さらに同僚や友人など、第三者からフィードバックをもらうことも有効です。

しかし英語のプレゼンとなると、相手にもそれなりの英語力が求められます。また、職場の人にお願いするのは負担になりそう、知人に披露するのは恥ずかしい、といった悩みもあるでしょう。

そんな時は、オンライン英会話を利用することをおすすめします相手はプロの英語講師なので、気兼ねなく相談できますし、的確なフィードバックをもらうことができます

下記はプレゼン対策のできるオンライン英会話サービスです。自信を持って英語のプレゼンを成功できるよう、利用してみてはいかがでしょうか。

ベストティーチャー

ベストティーチャーは、英会話だけでなく、ライティングとリーディングのレッスンがあることが特徴のサービスです。900以上あるライティング教材の中には、プレゼンテーションを学べるレッスンもあり、文章の作成から指導を受けることができます。

▼無料体験レッスンはこちら
ベストティーチャー

マイチューター

mytutorは、ビジネスや留学に特化したオンライン英会話で、独自のカリキュラムがあることが最大の魅力です。ビジネス英語カリキュラムではプレゼンも選択でき、「TED」を使ったレッスンを受けることができます。

mytutorにはTED専門講師も在籍しており、細かい部分までフィードバックを受けることが可能です。

▼無料体験レッスンはこちら
マイチューター

Bizmates

Bizmatesは、ビジネス特化型のオンライン英会話でNO.1の実績を誇り、ビジネス経験豊富な講師とのマンツーマンレッスンが受けられます。

カリキュラムの中にはもちろんプレゼンのクラスもあり、ビジネス経験豊富な講師たちから直接コツやフィードバックをもらうことができ、すぐに実践に役立てることができます。

▼無料体験レッスンはこちら
ビズメイツ

レアジョブ

オンライン英会話の国内シェアがNO.1のレアジョブは、1回25分のSkypeレッスンが基本です。教材も用意されていますが、基本的にレッスン中は何について話しても問題ないため、プレゼンの練習にもぴったりです。

発音や話し方の他、文章自体もしっかり添削してもらえます。

▼無料体験レッスンはこちら
レアジョブ
▼関連記事
もっとさまざまなオンライン英会話サービスと比較したい場合は、別記事「スキルアップしたい人におすすめのオンライン英会話22選」を、ぜひ合わせてご覧ください。

まとめ|英語でのプレゼンは客観的な評価が大切

今回は英語でのプレゼンの構成や話し方のポイント、練習方法についてご紹介しました。

スライドと原稿が出来上がったら、あとは練習あるのみです。実際のプレゼンテーションを想定して、何度も声に出して実践すること、また、時にはプロの力を借りて客観的な評価をしてもらうことも大切です。そうすることで自信がつき、必ず成功へとつながることでしょう。

英語でのプレゼンの機会がある方はぜひ、今回ご紹介した方法を試してみてください。

《無料体験が充実!》自宅でもオンライン英会話を活用しよう
新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛によるリモートワークのニーズが高まっています。海外出張や留学もなくなり、今後のキャリアに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなときにこそ、自宅にいる時間を有効活用して、オンライン英会話でスキルアップを目指しましょう
    1. ビジネスに活かせる:ネイティブキャンプ産経オンライン英会話など
    2. IELTS・TOEFL対策コースが充実:mytutor(マイチューター)など
    3. 相手に顔を見せなくてもOK:EFイングリッシュライブなど
  学習目的やレベルに応じて、実にさまざまなレッスンから自分に合ったものを選ぶことができます。まずは無料体験から、気軽に始めてみるのはいかがでしょうか?