昨今、世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス。自宅で過ごす時間が増え、オンラインでエンターテインメント動画を楽しむだけでなく、学習コンテンツに関心を持つ人も増えてきています。

その中でも特に人気の分野が、「オンライン英会話」です。グローバル化が進み、企業や社会で求められるスキルを持つ人材になるにあたり、もはや英会話は必須スキルとなりました。また、最近のような状況だからこそ、スキマ時間を有効活用し、周囲と差を付けるチャンスでもあります。もちろん、気軽に英会話を楽しみたい、という方のためのものでもあります。

一方で、オンライン英会話に興味はありつつも、「英語が全くできないので不安」、「どのサービスを選べばいいのか分からない」「どれくらいかかるのか?」といった疑問や不安をお持ちの方も多いかと思います。

そこで本記事では、英語学習を独学で行い、現在でも外国語のオンラインレッスンを毎日受講している筆者が、オンライン英会話を始めるにあたって必要な知識やサービスを選ぶポイント、おすすめの英会話サービスなどについて、自身の経験も踏まえてご紹介します。

これから新しい一歩を踏み出そうとしている方は、ぜひご覧ください。

《無料体験が充実!》自宅でもオンライン英会話を活用しよう
新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛によるリモートワークのニーズが高まっています。海外出張や留学もなくなり、今後のキャリアに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなときにこそ、自宅にいる時間を有効活用して、オンライン英会話でスキルアップを目指しましょう
    1. ビジネスに活かせる:ネイティブキャンプ産経オンライン英会話など
    2. IELTS・TOEFL対策コースが充実:mytutor(マイチューター)など
    3. 相手に顔を見せなくてもOK:EFイングリッシュライブなど
  学習目的やレベルに応じて、実にさまざまなレッスンから自分に合ったものを選ぶことができます。まずは無料体験から、気軽に始めてみるのはいかがでしょうか?

オンライン英会話とは

「オンライン英会話」とは、インターネット対応のデバイス(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)を使用し、インターネット上(オンライン)で英会話レッスンを受けることができるサービスです。

レッスンの際には、Skypeなどのコミュニケーションツールを活用して講師とビデオ通話をしたり、教材を使いながら進める場合もあります。

オンライン英会話と英会話教室の違い

オンライン英会話サービスが、リアルの英会話教室と異なる点は、言わずもがな教室に通う必要がないことです。会社や自宅から英会話教室まで移動する時間を省くことができるため、スキマ時間で気軽に本格的な英会話レッスンを受講できる、というメリットがあります。

またオンライン英会話の多くは、講師とマンツーマンでレッスンを受けられる点も特徴で、月々の利用料についても一般的な英会話教室よりも安い場合が多いです。

英会話教室ではレッスンの受講可能な時間が、午前10時〜午後22時などに設定されていることも多いですが、オンライン英会話では朝5時〜25時までのサービスや、24時間対応のものまであります。

加えて、オンライン英会話は固定された曜日ではなく、その都度空いているスケジュールでサッと予約でき、色々な講師を試すことができる点も特徴です。

仕事前や仕事後、あるいは休憩中などにも、場所を問わずに気軽にオンライン英会話レッスンを受けることが可能になるため、忙しいビジネスパーソンでも、時間の有効利用や継続につながるというのが、オンライン英会話の良い点です。

サービスやレッスンによっては、1レッスンの時間(15分〜90分程度まで)が選べるため、出勤前や退勤後のちょっとした時間に受けることができ、家族や友達との時間との両立や、QOLの向上にもつながります。

▼【まとめ】オンライン英会話と英会話教室の違い

オンライン英会話 英会話教室
レッスン時間 15分、30分などの短いレッスンから90分などの長いレッスンまで
幅広く選べる
1コマ40〜50分が一般的
レッスン形式 マンツーマンがメイン
(グループレッスンを提供している場合も有り)
グループレッスンがメイン
(マンツーマンの場合は

値段が高くなる場合が多い)
月々の料金 約4,000〜10,000円が一般的
(月額料金がかからないポイント制のサービスも有り)
約6,000〜20,000円が一般的
1コマあたりの
レッスン料金
約800〜2,500円が一般的 約2,500〜4,000円が一般的
契約期間 月契約が一般的(ポイント制の場合、
休学届けが不要の場合が多い)
月契約〜2年契約が一般的
レッスン受講可能時間 朝5時〜25時まで、
または24時間対応が一般的
午前10時〜午後22時が一般的
担任講師 固定ではなく選択制が一般的 担任制、選択制がある
レッスン
スケジュール
好きな時に予約できる 固定曜日・時間が一般的
または事前に要予約・変更
教材 サービスまたは講師が用意した教材
(相談可能のサービスも有り)
スクールが用意した教材
カリキュラム 教材を使用したロールプレイ、
チャット、フリートーク、日記や作文の添削など多数
教材を使用したロールプレイがメイン(スクールによってはフリートークの
クラスも有り)

英会話初心者でも受講可能

オンライン・リアルに限らず、英会話レッスンを受講する前は、「初心者でも大丈夫?」「全く英語喋れないけど大丈夫?」と不安な方も多いのではないでしょうか。

初心者でも全く英語が話せない人でも全く問題ありません。筆者も英語を勉強していた頃にそう思った経験がありますが、むしろオンライン英会話サービスは、英語を話せない方、英語をもっと伸ばしたい方をサポートするためのツールであるため、初心者だからこそ活用するべきサービスであると言えます。

自分で英語を習得するための勉強方法が分かっていたり、英語を習得できる環境にいる人は、むしろこういったサービスは必要ありません。どのように自分で勉強をして良いか分からないからこそ、先生が必要なのです。

現在では日本語対応のサービスも多く、登録から受講まで日本語で書かれています。また、日本語を話す先生もたくさんいるため、最初からネイティブの先生のクラスを受講するのが不安だという方は、日本人の先生を選んでみると良いでしょう。

【まとめ】初心者でも安心できる理由
✔︎オンライン英会話は英語が話せない方をサポートしてくれる、初心者にぴったりのサービス
✔︎ 日本語対応のサービスも多く、登録から受講まで日本語で記載されている
✔︎サービスによっては日本人講師が選べるから、ネイティブ講師では不安な方にも安心
《無料体験が充実!》自宅でもオンライン英会話を活用しよう
新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛によるリモートワークのニーズが高まっています。海外出張や留学もなくなり、今後のキャリアに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなときにこそ、自宅にいる時間を有効活用して、オンライン英会話でスキルアップを目指しましょう
    1. ビジネスに活かせる:ネイティブキャンプ産経オンライン英会話など
    2. IELTS・TOEFL対策コースが充実:mytutor(マイチューター)など
    3. 相手に顔を見せなくてもOK:EFイングリッシュライブなど
  学習目的やレベルに応じて、実にさまざまなレッスンから自分に合ったものを選ぶことができます。まずは無料体験から、気軽に始めてみるのはいかがでしょうか?
▼関連記事
初心者向けのオンライン英会話サービスについては「失敗しない!初心者向けオンライン英会話7選と選び方のコツを解説」でも詳しく紹介しております。ぜひ合わせてご覧ください。

オンライン英会話の費用

まとめ|デビットカード選びは、銀行別で異なるサービスのメリットを活かそう

オンライン英会話の料金システムには、「月謝制」と「ポイント制」があります。

月謝制とは、決められた月謝を毎月支払うシステムです。サービスによっては、一律で料金とレッスン回数が決められているものや、月に受講できるレッスン回数に準じて、違った料金プランが用意されています。その場合、もちろん回数が多いほど料金は高くなりますが、その分1回あたりのレッスンの単価が安くなります。

ポイント制とは、必要な分だけポイントを購入し、チャージされたポイントを使用して、レッスンを受けるというシステムです。1レッスンあたりにかかるポイントは、そのサービスやレッスンによって異なります。好きな時にレッスンを受けることができるため、多忙で毎回同じ曜日や時間に受講できないという方にはおすすめです。

顔出しや通話が苦手な人でも安心

オンライン英会話を利用するにあたって不安がある方の中には、「顔出しや通話をするのが苦手」だという方も多いのではないでしょうか。しかし、オンライン英会話は、Webカメラをオフにした状態でもレッスンを受けることができるサービスも多くあります。

例えば、EFイングリッシュライブというオンライン英会話サービスでは、ビデオ通話が可能なSkypeなどのツールを利用したレッスンではなく、ホワイトボードなどを画面でシェアする独自のeラーニングツールを採用しているため、生徒は顔出しする必要がありません。

また、通話が苦手な場合は、サービスによっては、通話をする必要のないレッスンも用意されています。

Cafetalk(カフェトーク)というオンライン英会話サービスでは、レッスン時間内で講師とリアルタイムにチャットをしてライティングを伸ばすレッスン、自分で書いた英語の日記や作文を講師に送り、添削してもらうレッスン、講師から送られてきた課題をこなし、送り返した回答を採点してもらうレッスンなどがあります。通話が苦手な方は、そういったレッスンを活用してみるのも効果的です。

ビジネス英会話や資格に特化したレッスンも可能

社会人の方がオンライン英会話を利用する場合、「日常会話よりもビジネス英会話を習得したい」という方も多いかと思います。

その場合は、レアジョブ英会話のように、ビジネスシーンに特化したレッスン(ビジネス英会話クラス)が用意されているサービスを選ぶと良いでしょう。

また、ベストティーチャーなどの、TOEIC、英検、TOEFL、IELTSなどの資格取得コースがあるオンライン英会話サービスもあるため、自分の目的に合ったオンライン英会話サービスやレッスンを受講することができます。

▼関連記事
英語でプレゼンをする機会がある方は、ぜひ「英語でプレゼンを成功させるコツ|構成・頻出フレーズ・話し方など徹底解説」も参考になさってください。英語プレゼンの構成やお役立ちフレーズをご紹介しています。

受講に必要なものと通信環境

1. インターネット対応のデバイス

オンライン英会話を受講する場合は、インターネットに接続できる環境が必要です。インターネットに接続さえされていれば、、お手持ちのタブレットやスマートフォンでも受講することが可能です。

しかし、画面が小さければ小さいほど、文字が見えづらいというデメリットがあるため、できるだけ大きな画面のデバイスがおすすめです。

また、インターネットの接続環境が悪いと、音声の遅延や途切れ、画面がフリーズしてしまう原因となるため、事前にインターネット環境を整えておくと良いでしょう。

2. マイク付きのイヤホン・ヘッドホン

こちらは必須ではありませんが、周りに人がいる場合や、騒がしい場所でオンライン英会話を受ける場合は、イヤホンやヘッドフォンがあると良いでしょう。

マイク付きのイヤホンやヘッドホンを使用することで、講師の音声を鮮明に聞くことができるほか、自分の声が相手に届きやすく、コミュニケーションがしやすくなるメリットがあります。

さらに、ノイズキャンセリング機能が搭載されているものであれば、外部の音をより遮断することが可能です。

オンライン英会話受講前に、デバイス上でスピーカー、マイク共に音声の音量などを設定・確認しておくことをおすすめします。

3. Webカメラ

ほとんどのパソコンにはWebカメラが搭載されているかと思いますが、搭載されていない場合は、Webカメラを事前に用意する必要があります(顔出しをしないレッスンを除く)。

また、音声同様、オンライン英会話受講前に、デバイス上でカメラの使用が許可されていることを確認しておきましょう。

4. 使用ツールのインストール(Skypeなど)

多くのオンライン英会話サービスでは、インターネット電話サービス(Skypeなど)を採用しています。

サービスによっては異なるアプリを利用している可能性があるため、利用したいオンライン英会話サービスが決まったら、そのサービスに応じたアプリを事前にインストールしておきましょう。

会員登録をする際に、SkypeのIDなどが必要になる場合があります。また、ブラウザ上でオンライン英会話を受けられるサービスの場合は、事前にアプリをインストールする必要はありません。

Skypeのインストールはこちら

5. 教材

学習教材に関しては、講師が事前に用意していたり、指定されている教材が画面上に表示される場合が多いです。
ただし、レッスンによっては、事前に自分で指定の教材を用意する必要があるため、受講前に確認しておきましょう。

6. 筆記用具

オンライン英会話のレッスンは、全て画面上で完結し、レッスン中にチャット機能で添削してくれたり、レッスン後のフィードバックで、ミスをした箇所やレッスンのおさらいなどを送ってくれる場合が多いです。

そういったレッスンの場合でも、自分でメモを取りたいという方は、メモ帳やペンなどを手元に用意しておくと良いでしょう。

なお資格コースなど、自分で問題を問くクラスの場合は、筆記用具が必須です。

▼関連記事
独学でも英語学習を進めたい方へのポイントや学習ステップについては、別記事「社会人が英会話を独学で習得するには?最も効率的な学習法を解説」で詳しく説明しています。ぜひご参考になさってください。

オンライン英会話を始めるための5ステップ

オンライン英会話のシステムが理解できたら、実際にレッスンを受講してみましょう。ここではオンライン英会話の受講ステップについて、順番に解説します。

1. オンライン英会話サービスを選ぶ

オンライン英会話を始める前に、まずは自分のニーズに合ったオンライン英会話サービスを選ぶ必要があります。

まずは、自分がビジネス英会話、文法、語彙力、実用フレーズ、スピーキング力、ライティング力、TOEIC対策、英検対策など、どういった部分を強化したいのかをしっかり理解しておくことが大切です。

また、初心者向け、上級者向けなどの自分のレベルをきちんと把握しておくことも重要です。サービスによっては、登録時に英語力を確かめるためのテストが受けられる場合もあります。

下記のように、自分が受けたい国籍の講師がいるかを確認しておくことのも良いでしょう。

  • 「きちんとネイティブな発音を学びたい」=ネイティブ講師のクラス
  • 「英語でのやりとりが不安」=日本人講師のクラス
  • 「フィリピン出張が決まっている」=フィリピン人講師のクラス
  • 「アメリカ英語を学びたい」=アメリカ人講師のクラス

さらに、多くのオンライン英会話サービスで、無料体験が用意されています。受講できる回数やレッスン時間はサービスによって異なりますが、実際にどのような内容の授業が行われているのかを把握するために、本登録をする前にお試ししてみることをおすすめします。

また、サービスによっては、無料体験(または本登録)の際に、レベルチェック用のテストやカウンセリングを受けることができる場合もあります。

▼関連記事
【2020年保存版】無料体験できるオンライン英会話サービス23選!」では、目的別に無料体験を提供しているオンライン英会話を詳しくご紹介しています。ぜひ、レッスン選びにお役立てください!

2. 会員登録をする

無料体験を受ける、または本登録をするサービスが決まったら、会員登録をしましょう。

登録する内容はサービスによって変わりますが、本名やニックネーム、メールアドレス、電話番号、などの入力が必要です。
※本登録をする場合は、引き落とし先の銀行口座の登録などが必要になる場合があります。

3. 講師を選ぶ

講師を自由に選択できる場合は、講師のプロフィールを確認し、自分の希望に合った人を選びましょう。
(日時を先に選択する場合は、下記の手順⑤を行ってから、講師を選択します。)

この記事をご覧の方の中には、異性と話すことに対して気が進まなかったり、打ち解けられるか心配、といった不安を抱いている方もいるかもしれません。筆者も当初は、そうした思いを持っていました。

しかし、大手オンライン英会話サービスの多くは、事前にしっかりと面接やトレーニングを受けた人が講師になっているため、心配しすぎる必要はないでしょう。また、同性の講師を選ぶことができるものもあるため、安心して受講することができます。

4. レッスンを予約する

受けたいレッスン内容・講師が決まったら、自分のスケジュールに合う日時を選択します。

オンライン英会話サービスによって受講可能な時間帯は異なりますので、各自で確認するようにしましょう。

日時の選択前に講師を指定していない場合は、日時を確定後に選択できる講師が表示されるので、ここで自分の都合に合う講師を選択します。

5. レッスンを受講する

オンライン英会話レッスンの予約日時になったら、5分前にはSkypeなどの通信ツールを立ち上げておきましょう。

ツールがONになっていないと、講師は生徒に連絡をすることができません。サービスによっては、レッスンの前に講師からリマインドの連絡をしてくれます。

また、受講時には、講師との性格の相性やレッスン内容(自分の目的に合っているか)、教え方のクオリティ、通信環境が良いか(音声が聞き取りやすいか、画面が見えやすいか)などをきちんと見極めましょう。

オンライン英会話は、先生や授業の内容、時間帯の選択肢も多いというのもメリットの一つです。ほとんどのサービスで、好きな講師やクラスを選ぶことができるため、色々試した上で自分の希望に合った授業を探すことができます。

オンライン英会話サービスを選ぶ際の5つのポイント

ここでは、オンライン英会話を選ぶ際に、価格以外で比較すべき重要なポイントや、質の良い講師の見極め方などをお教えします。

1. 講師が教育されているか

オンライン英会話サービスを選ぶ際に、そのサービスの売りや強みを把握しておくことは重要です。中でも講師がきちんと教育されているかどうかは、オンライン英会話サービスを選ぶ上で非常に大切です。

講師がきちんと面接またはトレーニングされていると記載されている場合は、ある程度のクオリティは保証されているということになるため、その分安心してレッスンを受けることができるでしょう。

例えばオンライン英会話「vipabc」では、講師の国際資格(英語教授資格者(TESOL))保持率が100%を誇っており、学習進度やメソッドを考え抜かれた精度の高いレッスンを受けることができます。

2. 講師がリピートされているか

プロフィールに表示されている講師歴や、得意とされるジャンルを確認することも大切です。動画などが貼られている場合は、事前にその動画を見て、その講師の発音や話し方が自分の好みであるかを確認しましょう。

さらに、サービスによっては、その講師を受講した人数や、レッスンを行った回数などが表示されているため、その講師のリピート率が高いかどうかを参考にするのも非常に有効となります。

その講師が受講した人数が多いにも関わらず、レッスンを行った回数がほとんど同じである場合は、その講師のレッスンを試した生徒のほとんどが、2回目を受けていないということです。そのため、受講前にレッスンの質を判断するための大きな目安となります。

3. レッスン内容が自分のレベルに合っているか

例えば、初心者の方が、教材なしの状態でフリートークをすることは、逆に何の効果も得られません。また、上級者の方が、初心者のための教材を使用したレッスンを受講してしまっても、何も身になることがなく、せっかくの時間とお金が無駄になってしまいます。

そのため、きちんと自分のレベルに合ったレッスン内容を教えられる講師(またはレッスン)かどうかを見極めることも大切です。

4. 学習ニーズに合っているか

また、サービス内容やレッスン内容が、自分の学習ニーズに合っているかを把握することも大切です。

自分の強化したいスキル(スピーキング力、ライティング力、リスニング力、リーディング力、文法、語彙力、発音など)や、英語力を発揮したいシーン(ビジネスシーン、日常シーンなど)をきちんと把握した上で、自分のニーズと合っているものを選びましょう。

また、資格を取得したいという方は、自分が取得したいと希望している試験(TOEIC、英検、TOEFL、IELTSなど)の対策コース、またはレッスンがあるかどうかをチェックしておくと良いでしょう。

▼関連記事
スキルアップしたい人におすすめのオンライン英会話サービスを、別記事「スキルアップしたい人におすすめのオンライン英会話22選」でまとめているので、ぜひご覧ください。

5. 自分のスケジュールに合っているか

いくらレッスンがたくさん受けられて単価が安いからといって、1レッスン1時間のレッスンを毎日受けられるプランやサービスを選んだとしても、実際に毎日1時間オンライン英会話の時間が作れないのであれば、それはかえってお金の無駄になってしまいます。

そのため、自分のスケジュールを考慮した上で、どのようなプランやシステムが一番継続できるのかを考えましょう。

語学は、まとめた時間で一気に勉強するよりも、隙間時間での積み重ねが重要になります。毎週末(週1)で7時間勉強するよりも、毎日1時間ずつ勉強する方が、記憶に定着すると言われています。そのため、忙しいけれども毎日継続的に英語に触れたいという方は、1回の時間が短いレッスンがあるサービスを選ぶと良いかもしれません。

「仕事前に15分なら時間が取れる」「週末にしか受講できない」など、自分のスケジュールを把握した上で、無理のないレッスン頻度のものを選びましょう。

社会人におすすめのコスパが良いオンライン英会話4選

ここではコストパフォーマンスが良く、社会人におすすめのオンライン英会話をご紹介します。
※情報は、2020年4月時点のものです。詳細は各スクールに直接ご確認ください。

1. ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプは、1ヶ月たったの6,480円でレッスンを回数無制限で受講することができます。そして、予約なしでレッスンを受講できるというのも特徴です。

また、講師が24時間365日いつでも(毎週月曜26時〜6:00のメンテナンス時を除く)リアルタイムでレッスンを受講できる「今すぐレッスン」というシステムがあるため、急に予定が空いた時でもサクッと授業を受けることができます。

さらに、基本のレッスン時間は1レッスン25分ですが、ネイティブキャンプでは、「反復学習を気軽に行ってもらいたい」との思いから、講師に伝えれば忙しい時に5分だけ受講することも可能です。

そして、お友達紹介キャンペーンなどのお得なキャンペーンが多いのも特徴です。ネイティブキャンプには、7日間の無料体験トライアルが用意されているため、まずは7日間試してみるのも良いかもしれません(2020年4月時点)。

ネイティブキャンプの口コミ

システム一覧表

料金システム 月額料金 レッスン回数
月額制 6,480円 無制限
1レッスンあたりの時間 レッスン形式 受講可能時間
25分 マンツーマン 24時間(毎週月曜26時〜6:00のメンテナンス時を除く)
レベル ビジネスコース 資格対策コース
初級者、中級者、上級者 有り TOEIC、英検
予約 教材 講師の国籍
不要 無料・選択可
(手元に欲しい場合、
購入可)
日本、アメリカ、イギリス、
フィリピン他、100ヶ国以上

2. レアジョブ英会話

国内シェアNo.1のオンライン英会話の老舗、「レアジョブ」です。

料金プランは、毎日受講が可能なプランか回数制のものから選ぶことができ、月額だと4,200円から、または毎日受講のプランを日割り換算した場合、1レッスンあたりなんと129円から受講することができます。

さらに、レアジョブの強みはなんと言っても講師の質です。レアジョブでは、英語力や指導スキル、通信環境など、あらゆる角度から厳しい審査をしており、採用率は1%ともいわれています。

また、多岐に渡るトレーニングを修了した人のみ講師になることができるため、クオリティの高いオンライン英会話レッスンを受けることができます。

レアジョブの口コミ

システム一覧表

料金システム 月額料金 レッスン回数
月額制 4,200円〜 無制限
1レッスンあたりの時間 レッスン形式 受講可能時間
25分 マンツーマン 朝6時〜25時
レベル ビジネスコース 資格対策コース
初級者、中級者、上級者 有り 無し
予約 教材 講師の国籍
要(5分前まで) 無料 フィリピン人講師
(6,000人以上)
▼レアジョブの無料体験はこちら
レアジョブ英会話

3. Cambly(キャンブリー)

Cambly(キャンブリー)は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア出身のネイティブ・イングリッシュ・スピーカーが多い、アメリカ・サンフランシスコが拠点のオンライン英会話サービスです。

「ワンタッチで世界中のネイティブ講師と英会話」というキャッチコピーの通り、ボタンをワンクリックすれば、5秒以内にネイティブ講師とつながることができます。

実用的なビジネス英会話や、IELTSやTOEFLなどの資格対策コースといった、社会人にもぴったりのコースが用意されており、最小15分のクラスから受講が可能です。

また、会話に詰まった際は日本語でチャットをすることによって、自動的に英語に変換されるため、会話に詰まっても焦ることがなく安心してレッスンを受けることができます。

さらに、レッスン受講用の専用アプリには、レッスンの録画機能が付いているため、録画された動画を見て復習したり、自分の発音を見直すことも可能です。

Camblyの口コミ

システム一覧表

料金システム 月額料金 レッスン回数
月額制 2,393円〜 週1〜毎日
1レッスンあたりの時間 レッスン形式 受講可能時間
15分〜 マンツーマン 24時間
レベル ビジネスコース 資格対策コース
初級者、中級者、上級者 有り TOEIC、TOEFL、IELTS
予約 教材 講師の国籍
無料 アメリカ、カナダ、
イギリス、オーストラリア
▼Cambly(キャンブリー)の無料体験はこちら
Cambly(キャンブリー)

4. Cafetalk(カフェトーク)

Cafetalk(カフェトーク)は、英会話以外にも、他の外国語やピアノ、囲碁、ヨガ、ボイストレーニングなど、様々なレッスンを自由に受けることができる、オンライン習い事サービスです。

ポイント制で、月額料などがないため、一度登録(無料)すれば、自分のペースでいつでも受講・休止・再開をすることができます。

また、ポイントは、500ポイント(税込550円)から購入することができ、期限内(5ヶ月)ならいつでもポイントを使用して、好きなレッスンを受けることが可能です。

Cafetalkの強みは、講師がそれぞれ独自のメソッドや料金を設定しているため、選択肢が幅広いところです。

体験レッスンなどもあるため、「15分だけ受けたい」「1レッスン500円で受けたい」「本を読みながら英会話を覚えたい」「歌って英会話を覚えたい」「親子で英会話を覚えたい」など、好みに合った講師を色々と試すことができます。

Cafetalkの口コミ

システム一覧表

料金システム 月額料金 レッスン回数
ポイント制(550円〜) 0円 好きな時に受講可能
1レッスンあたりの時間 レッスン形式 受講可能時間
15分〜(講師による) マンツーマン 24時間
レベル ビジネスコース 資格対策コース
初級者、中級者、上級者 有り TOEIC、TOEFL、IELTS、
英検など(講師による)
予約 教材 講師の国籍

(オンライン待機中の先生も受講可)
相談可
(ほとんどの場合講師が用意)
日本、アメリカ、カナダ、
イギリス、オーストラリア、
フィリピン他多数
▼Cafetalk(カフェトーク)の無料体験はこちら
Cafetalk(カフェトーク)

まとめ | 英会話を習得すれば未来の可能性が広がる

近年、インターネットの普及により、時間や場所を問わず、簡単にオンラインで学習をすることができるようになりました。

「自分ではなかなか英語勉強の仕方が分からない」という方でも、オンライン英会話であれば、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、身近なデバイスを使用することで、気軽に講師とのマンツーマンレッスンを受講することができ、自宅にいながら留学気分を味わうことが可能です。

また、「独学ではモチベーションがなかなか上がらない」という方や、「なかなか継続ができない」という方でも、講師の力を借りることによって、それが支えや糧となって、学習の継続へと繋がります。

英語を話せることは、自身の市場価値の向上や、キャリアアップ、新たな選択肢が増えるなど、未来への可能性が広がります。

ぜひこの機会に、オンライン英会話に挑戦してみてはいかがでしょうか。

《無料体験が充実!》自宅でもオンライン英会話を活用しよう
新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛によるリモートワークのニーズが高まっています。海外出張や留学もなくなり、今後のキャリアに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなときにこそ、自宅にいる時間を有効活用して、オンライン英会話でスキルアップを目指しましょう
    1. ビジネスに活かせる:ネイティブキャンプ産経オンライン英会話など
    2. IELTS・TOEFL対策コースが充実:mytutor(マイチューター)など
    3. 相手に顔を見せなくてもOK:EFイングリッシュライブなど
  学習目的やレベルに応じて、実にさまざまなレッスンから自分に合ったものを選ぶことができます。まずは無料体験から、気軽に始めてみるのはいかがでしょうか?