海外進出を目指す企業、海外企業を相手に取引をしている企業、外国人を多く採用している企業など、世界を相手にするグローバル企業の求人が広がっています。

そのグローバル化に伴って、近年、外資系企業か日本企業かを問わず、その採用選考に英語面接を取り入れる企業が多くなってきました。

「そんなに英語力が高くないのに英語で面接なんて無理」
「英会話に抵抗はないけど、面接となるとちゃんとできるか不安だ・・・」
「海外就職や外資系企業への転職したいけど英語面接が大きな壁」

このように、「ただでさえ緊張する採用面接」と「苦手意識のある英語」の組み合わせに嘆く転職者の方は少なくありません。

しかし、英語で面接を受けなければならないという条件と「自分の英語力でクリアできるだろうか」という不安な気持ちはみんな同じです。

日本語での面接にも傾向と対策があるように、英語面接にも押さえておくべきポイントや練習法があり、レアジョブ英会話のような面接対策コースが準備されたオンライン英会話やBizmatesのようなビジネス英語に特化したサービスの需要も高まっています。

本記事では、英語面接で合格率を高めるために準備すべきこと、英語面接の練習法について解説します。

《無料体験が充実!》自宅でもオンライン英会話を活用しよう
新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛によるリモートワークのニーズが高まっています。海外出張や留学もなくなり、今後のキャリアに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなときにこそ、自宅にいる時間を有効活用して、オンライン英会話でスキルアップを目指しましょう
    1. ビジネスに活かせる:ネイティブキャンプ産経オンライン英会話など
    2. IELTS・TOEFL対策コースが充実:mytutor(マイチューター)など
    3. 相手に顔を見せなくてもOK:EFイングリッシュライブなど
  学習目的やレベルに応じて、実にさまざまなレッスンから自分に合ったものを選ぶことができます。まずは無料体験から、気軽に始めてみるのはいかがでしょうか?

流暢な英語を話せなくても英語面接は乗り越えられる

30代 転職 タイミング
流暢な英語を喋れるに越したことはありませんが、英語力が高ければ高いほど合格率が上がるというわけではありません。

  • 相手の話す英語を理解できる
  • 自分の言いたいことを英語で伝えられる
  • 英語でコミュニケーションがとれる

全く会話が進まないような英語力では困りますが、上記3点を満たしていれば英語面接は乗り切ることはできます。

企業が英語面接で見ているのは「英語力」ではない

そもそも英語面接は、候補者が企業の求める人材であるかを判断する ”採用試験” です。英語が流暢であっても、人材要件を満たしていなければ採用候補から外されてしまいます。

例えば、国内のグローバル企業で海外の新規拠点立ち上げプロジェクトに求人枠があった場合、求職者に求められる人材素養は「英語力」だけではありません。

  • 新しい事業に前向きに取り組む「順応力」「忍耐力」「行動力」
  • チームを引っ張っていく「決断力」「説得力」「統率力」
  • 仕事を円滑に進める「計画力」「推進力」「課題抽出力」
  • その業界や事業分野の「幅広い知見」と「専門性の高いスキル」

 

もう1つ例を挙げると、海外企業を相手に取引を行う企業のセールス部門である場合、英語力そのものよりも下記のような能力が、英語”を使って”発揮できるかが重視されるはずです。

  • 相手のニーズや課題を引き出す「課題抽出力」
  • 課題に対して商品、サービスがどう役に立つか説明する「提案力」
  • 相手の意図を汲み取った「コミュニケーション能力」や商談の「合意形成力」
  • 関連部門との円滑なやりとりができる「プロジェクトマネジメント能力」

企業が候補者に求めるものや候補者のどこを見ているかというのは、企業によってさまざまですが、英語面接でも自社で活躍する人材であるかを判断するという目的は、日本語で行われる一般的な面接と変わりません。

高度な「英語力」が求められる場合、付け焼刃では通用しない

もし本当に英語ネイティブのビジネスマンや同時通訳者のようなハイレベルな英語力を求められているのであれば、数週間や数か月での準備期間では対策しきれません。

高度な英語力を持ち合わせていることが採用基準に含まれる場合、募集要項にTOEFLやIELTSなどの英語試験のスコア要件を設けたり、面接前の書類審査でライン引きをしたりすることができるはずです。

また外資系企業だからと言って、必ずしも最初からビジネスレベルの英語力や英語圏的な考え方が求められるわけではありません。

特に日本国内で外資系企業に勤める場合には、日本独特の考え方やカルチャーを汲み取りながら業務を遂行することが求められる場面も少なくありません。

「海外留学の経験がないから」「帰国子女の英語に勝てるわけがない」とネガティブにならずに、「アピールポイントは英語力だけじゃないんだ」と自信を持って英語面接に臨んでいただきたいです。

自己分析を準備をしっかりとすれば、流暢な英語を話す他の候補者以上に、英語面接を突破できる可能性は十分にあります

英語面接の準備|合格率を高めるための3ステップ

キャリアアップ 転職
企業が求めているものが「英語力」だけではないとは言え、やはり
自分の言いたいことを正確に英語で伝える」には、基礎的な英語コミュニケーション力と面接に挑むにあたっての入念な準備が必要です。

まず、自分がどんな人材であるか、スキル・経歴の中で特に強みとなるポイント(その企業で活かせる・重宝されるポイント)はどこか、といった面接で伝えるべく情報の分析と整理をしなければなりません。

それを以下の3ステップで進めます。

  1. 自己分析
  2. 企業が求める人材やスキルを把握
  3. 予想される質問に対する答えを準備

伝えるべきことを自分自身で理解できていなければ、それを英語で表現できないどころか、日本語でも相手に伝わりません。各ステップを順に見ていきましょう。

ステップ1. 自己分析

面接で聞かれる質問は全て自分自身に関することですが、その回答は面接官からの複数の質問に対して一貫性のあるものでなければなりません。

よくある質問リストに対する回答だけを準備すると、一問一答形式では完璧に答えられたとしても、その先で深堀り質問をされてボロが出たり、複数の回答を比較されて矛盾が生じたりすることがあります。

そうならないために、自己分析は徹底的に行い、相手に伝わるように言語化しておきましょう。

まず、過去に経験してきたこと・現在の自分にできること・これから実現したいことを時間軸に沿って、自分の経験や行動、思考の棚卸しを行います。

仕事で苦労したことや実績を上げた経験、新しいスキルの習得など、起こった事実を書き出していくだけでなく、「なぜあの時そうしたか?」「どういう感情だったか」「そう思った理由は何か?」といった行動や思考の動機まで掘り下げて書き溜めていくのがポイントです。

そうすることで、自分の行動傾向や思考が整理され、想定外の質問が来ても1本軸の通った主張を相手に伝えることができます。

ステップ2. 企業が求める人材やスキルを把握 

自己分析と同様に大切なのが企業研究です。

自己分析を徹底的にブラッシュアップしていくと、自分の強みや弱み、仕事に対する向き合い方も明確になってきます。

次は、その「自分の人材要素やスキル」を「企業が求める人材」に落とし込み、共通項を探していきましょう。

いくら希少性の高いスキルや他の人が持っていない強みを持っていたとしても「自分がアピールしたいこと」と「企業が求めるもの」がズレていたらマッチせず、採用には至りません。

それとは逆に、これまで自分がやってきたことと転職先の具体的な仕事内容・スキル・価値観に共通点が多ければ合格可能性も上がります。

もし、「企業の情報収集に苦戦している」「自己分析の仕方がわからない」「自分の考え方に一貫性があるか第三者に聞いてもらいたい」といった不安がある場合は、一度転職エージェントに相談してみるのも1つの手です。

転職エージェントが持つ求人企業や業界に関する情報量は、自分1人で得られる情報に比べて圧倒的に多いです。また求職者がアピールするべき強みやスキルもアドバイスしてもらえるでしょう。

▼外資系・海外就職に特化した転職エージェント

出典:SAMURAI JOB by JACリクルートメント

『SAMURAI JOB(サムライジョブ)』は、ハイクラスの転職に強みを持つ、JACリクルートメント社が共同運営している、外資系・グローバル系・ハイクラス向けに特化した転職エージェントです。

特定の業界・職種に専門特化したコンサルタントが、経営計画から組織文化、現状課題や今後のミッションまで、リアルな企業情報を求職者に提供し、採用決定までサポートします。

▼無料転職コンサルティングサービスはこちら
SAMURAI JOB by JACリクルートメント

ステップ3. 予想される質問に対する答えを準備

ここでやっと予想される質問に対する回答を英文で作成していきます。

英語面接とはいえ、日本語の面接と同じように聞かれることは概ね決まっています。下記は、どの企業でも聞かれる鉄板質問です。

  • 自己紹介をしてください。
  • 転職理由と志望動機を教えてください。
  • 現職・前職の仕事内容について説明してください。
  • 仕事においてのあなたの強み・弱みは何ですか?
  • なぜ他の人ではなくあなたを雇うべきなのか?
  • どんなキャリアプランを描いていますか?

自己分析と企業研究を十分に行なっていれば、回答の内容自体は自信を持って作成できるはずです。あとは、自主練習やオンライン英会話などの活用でスピーキング練習を重ねていきます。

ビジネス英会話に特化したBizmatesでは英語面接対策レッスンも準備されているほか、英文レジュメやカバーレターのライティング、ビジネスマナーなども学べます。

ちなみに海外就職や即戦力性を重視する外資系の求人企業では、面接に挑むにあたって英文レジュメや卒業証明書(英文)が必要になるケースもあります。

日本企業に提出する履歴書と違い、海外企業で求められるレジュメには決まったフォーマットがなく、職歴に加えて、過去の業務内容や業績、アピールポイントなどを応募する企業に合わせて自作しなくてはなりません。

英語面接の対策・練習|本番自信を持って臨むために

福利厚生として認められない
ここまで「英語面接は英語力を測る試験ではない!」とお話してきましたが、そう言われてもやっぱり一番不安なポイントは自身の英語力だと思います。

しかし「自分は英語が苦手だから。」と不安な気持ちのまま面接に臨むと、自信の無さが面接官に伝わってしまい悪い印象を与えかねません。

たった数日間でも対策・練習を行えば、そのぶん不安が自信に変わっていくものです。

練習方法は「スピーキングの自主練習」と「オンライン英会話による対面練習」の2パターンあります。

どちらもすぐに始めることができるので、面接前日までできることをやりきって、本番では自信を持って面接に臨みましょう。

英語を声に出す「スピーキング練習」を行う

作成した英作文を何度も声に出して音読します。例文を丸暗記するのは良くないですが、丸暗記してしまうくらい繰り返して口に馴染ませていきます。

ある程度スラスラ読めるようになってきたら、回答の英文を見ずに、実際の面接シーンを想像しながら喋ってみましょう。

1人で練習を行う場合は、自分の声を録音して、自分の英語がどのように聞こえるか確認してみるといいです。

もし、まだ時間にまだ余裕があるという方、本気でスピーキング力を上げたい!という方は、下記記事も参考にしてみてください。

▼関連記事
【レベル別】独学でできる英語のスピーキング練習法|初心者から中上級者まで※6/4時点記事未公開※

オンライン英会話で実践練習を行う

スピーキングは独学でもシャドーイングなどである程度は話せるようになりますが、実際の面接には相手がいます。

この相手と行う英語のコミュニケーションを「オンライン英会話」を活用して練習しましょう。

英会話では、相手の反応や表情を確認しながら話を進めたり、予想外の質問に対応したりしなければなりません。また身振り手振りや相槌、時には感情をこめてコミュニケーションをとります。

こういったリアルタイムの会話のキャッチボールは、スピーキングの個人練習で鍛えることが難しいのです。

レッスンで「講師に質問を投げかけてもらいそれに答える」という練習を何回か行なっておくだけでも、本番の自信に繋がります。

本格的なビジネス対策コースを準備しているオンライン英会話サービスもあり、どれも無料体験で1~2回受講できるので、各サービスの面接対策をハシゴしてみるのもいいでしょう。

▼英語面接対策のあるオンライン英会話

  • Bizmates:ビジネスにおける論理的思考、マナー・ふるまいなどを英語で学べる
  • イングリッシュベル:レジュメ・カバーレターの書き方から面接対策まで
  • レアジョブ英会話:厳しいトレーニングを突破したビジネス認定講師による実践的な面接対策

まとめ|本番直前までやりきることが「自信」と「合格」に繋がる

年会費無料の法人カードを入手して煩雑な経理の業務効率化をしよう
以上、英語面接をクリアするために必要な準備と対策について解説しました。

本記事の重要なポイントをまとめます。

  • 流暢に英語を話すことが、英語面接の合格率を高めるわけではない
  • 英語面接は、候補者が企業の求める人材であるかを判断する ”採用試験” である
  • ただし自分の言いたいことを伝える英語力は最低限必要
  • 徹底的な「自己分析」と「企業研究」で、面接で伝えるべきことを整理する
  • 英語面接には、スピーキングの自主練とオンライン英会話による実践練習が有効

これまで英語学習に前向きに取り組んできた方であっても、「英語面接」と聞くと途端に不安になりがちです。

しかし、打つべき対策と練習方法が明確である以上、合格の決定打となるのは自信を持って面接に臨むことかもしれません。

自信を持って本番に挑めるように、その直前までできる限りのことをやりきりましょう。

《無料体験が充実!》自宅でもオンライン英会話を活用しよう
新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛によるリモートワークのニーズが高まっています。海外出張や留学もなくなり、今後のキャリアに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなときにこそ、自宅にいる時間を有効活用して、オンライン英会話でスキルアップを目指しましょう
    1. ビジネスに活かせる:ネイティブキャンプ産経オンライン英会話など
    2. IELTS・TOEFL対策コースが充実:mytutor(マイチューター)など
    3. 相手に顔を見せなくてもOK:EFイングリッシュライブなど
  学習目的やレベルに応じて、実にさまざまなレッスンから自分に合ったものを選ぶことができます。まずは無料体験から、気軽に始めてみるのはいかがでしょうか?