人生においてのターニングポイントはいくつかありますが、30代の職業選択は間違いなくその一つとなるでしょう。

社会人になって10年前後が経過し、「仕事」が人生においてどれほどのウェイトを占めるか、また、どういった業種・分野を突き詰めていきたいのかなどが定まり、30代のうちに働き方の変革を行う方も少なくありません。

それは自分にとっての理想の働き方を追求することであり、いわゆるキャリアアップと呼ばれる変革です。

本稿では、そんな「30代のキャリアアップ」に焦点を絞ってノウハウをご紹介していきます。30代の一般的な市場価値を踏まえた上で、キャリアアップを成功させるためのポイント、また、キャリアアップ転職に最適な「転職エージェント」と呼ばれる転職支援サービスを掲載します。

30代のキャリアアップに、ぜひお役立て下さい。

1.30代の市場価値を知る

30代 キャリアアップ

キャリアアップを検討するにあたり、まずは今現在ご自身が置かれている状況を把握することが重要です。

一般的な平均年収と比べ、自分はどれだけの年収を得ているのか。また、現在の転職回数はキャリアアップを行うに際に不利になってしまうのか、など。

30代の市場価値を整理しつつ、自身の状況と比較して確認していきましょう。

1-1.30代の平均年収

キャリアアップ転職を行う理由として、年収アップは大きな要因の一つです。現在よりも年収の高い企業に転職したい、また、将来的に高年収が望める大企業に転職したい、などです。

平均年収と比較することで、転職後にどれだけ年収がアップしやすいかを推測することができます。例えば現在平均年収よりも低い方は、転職をすることで年収が上がりやすくなると言えるでしょう。

転職支援サービスを運営しているDODAが発表した年齢別の平均年収によると、30代の平均年収は上記のようになります。

性別によって大きな開きがあるため、男性の方は「全体」ではなく「男性」の列を参照するようにしましょう。

男性は30歳から40歳にかけて440万円〜545万円の幅で、100万円ほど昇給していくイメージとなります。同時に、30歳の時点で440万以下の年収であれば、転職の際に年収が上がりやすいことになります。

年収の分布を見てみると、500万円までの方が60%以上を占めています。こちらは男女合わせた分布になりますが、全体でみると500万円以上の年収であれば平均以上であると言えそうです。

平均以上の年収を目的とする場合、しっかりとしたスキルや実績が無い方にとっては困難な転職活動となるでしょう。まずは、自分自身が平均と比較してどれだけの給与をもらっているかを比較することが重要です。

業種分類 平均年収
総合商社 478万円
IT/通信 466万円
メーカー 465万円
メディカル 453万円
金融 450万円

出典:DODA > 平均年収ランキング2017

業種ごとの平均年収を見ると、上記の業種が高年収な傾向にあります。なお、この表は被雇用者全体のデータなので、厚生労働省が発表している人口全体の平均年収が300万円余りであることを考えると、大幅に高額であること分かります。

キャリアアップにあたり、異業種への転職を行うキャリアチェンジを検討される場合は、これらの業種に注目することで将来的な年収のアップが期待できるでしょう。

1-2.30代で未経験・異業種への転職

それでは、実際に30代で未経験の異業種への転職は可能なのでしょうか。結論から言えば、「可能であるが、一時的に年収が下がってしまう可能性が高い」となります。

中途採用、それも30代のキャリア採用を行う場合は、即戦力の確保を目的としている場合が多くなります。そのため、未経験であるポテンシャル採用は、どうしても20代の人材を優先してしまう傾向にあるのです。

30代前半であれば、企業によってはポテンシャル採用を行う場合もあります。しかし、年収が大幅にダウンしてしまうことは十分に考えられるでしょう。

それを避けるためには、業種・職種のいずれかはそのままに、現在のスキルを活かした転職を行うことが重要です。キャリア採用として現在のポジションで転職を行い、そのポジションで一定の評価を得るのです。

その後、キャリアチェンジを狙っていた業種・職種へ部署異動を志望し、移籍を図ります。このように、中長期的なスパンでの移行が年収を下げないキャリアチェンジに結びつくのです。

1-3.30代での転職回数の多寡

一般的に、転職回数が多くなればなるほど、企業側の人事担当者はネガティブな印象を持ちます。特に30代の転職であれば、多くの企業が長く勤めてくれることを期待するため、転職回数が多いのはマイナスポイントにつながってしまうのです。

転職支援サービスを運営しているDODAが発表した「転職回数と成功率の関係性」によると、どの年代においても転職回数に比例して転職成功率が低くなることがわかります。

ただし、35歳以上(紫色)の折れ線に限り、2度目の転職のほうが1度目より成功率が高くなっています。このことから、35歳までに1度しか転職を行っていない方は2度めの転職確度が高くなっていることが分かります。

30代の方は「30代後半の2回目」の転職以外は、回数が多ければ多いほど困難になることを知っておきましょう。

2.30代のキャリアアップに成功するたの4つのポイント

30代 キャリアアップ

場合によっては難度の高い30代のキャリアアップ転職。転職を検討される際には、どういったポイントに注意することで採用確度を高めることができるでしょうか。

ここでは、キャリアアップ転職でポイントとなる項目をまとめてご紹介します。

ポイント1.キャリアプラン構築のための自己分析を行う

キャリアアップのためには、キャリアプランの構築が必要不可欠です。

人によってキャリアアップの定義は人それそれです。「年収のアップ」はもちろんのこと、「スキルや専門性を高めること」や「雇用形態をより良くする」など。その目的は十人十色です。

そんななかでキャリアアップの転職を行うには、自分にとっての目的を明確に設定することが重要です。中長期的な目標をもとに、今回の転職ではどのような企業へ転職したいのかを自己分析するのです。

5年後・10年後・20年後と、一定の期間での目標を定め、それぞれに対して「どこでどのように働きたいか」のキャリアプランに落とし込んでいきます。

この自己分析を行うことで目先の待遇に釣られることなく転職活動を行うことができるのです。

ポイント2.転職理由を明らかにし、意思を固める

中長期的な目標を元に、直近の転職理由を整理していきます。

キャリアアップの転職活動ともなると、入社難度の高い企業にチャレンジすることも珍しくないため、すべての方が円滑に転職を成功させることができるわけではありません。精神的な負担から転職活動を諦め、現職に甘んじてしまうケースも珍しくないようです。

そこで拠り所となるのが「明確な転職理由」です。

キャリアプランに基づいた中長期的な目標を元に、なぜ今回転職をしたいのか。また、その条件は何なのかを明らかにします。

転職活動の疲弊が募ると、強く志望していないにもかかわらず、突発的に内定をもらってしまった企業に転職してしまうということもありえます。

前述の通り転職回数が多いことは今後のキャリアプランに対してマイナスに影響します。転職の失敗を防ぐためにも、転職理由は明確にする必要があるのです。

ポイント3.転職エージェントを利用する

キャリアプランの構築、並びに転職理由の明確化ができたら、それらを第三者に相談し、アドバイスを求めることが大切です。客観的な視点が加わることで、よりキャリアアップの実現可能性が高まるのです。

この第三者は、同業者であることが望ましく、また転職業界に精通した方であることがより望ましいといえるでしょう。しかし、都合よく知人に転職業界の専門家がいることは稀です。

そこで利用したいのが「転職エージェント」と呼ばれる転職支援サービスです。

転職エージェントは担当制の転職支援サービスです。転職の専門家であるエージェントが求職者と企業の間に入り、求人紹介などの転職活動全般のサポートを行ってくれます。

具体的には、以下のようなサポートを受けられます。

  • 現在の市場価値やキャリアプランへのアドバイス
  • キャリアプランや希望に応じた求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書など、応募書類の添削
  • 面接内容のアドバイスや模擬面接の実施
  • 企業との面接日程の調整
  • 面接後に企業担当者へのプッシュ
  • 内定後の給与交渉、など

中でも「現在の市場価値やキャリアプランへのアドバイス」は、30代のキャリアップ転職にもってこいのサポートです。転職エージェントは登録後に面談を行うのですが、そのタイミングで自身で考えてきたキャリアプランを共有し、プロ目線でのアドバイスを貰うことができるのです。

また、「キャリアプランや希望に応じた求人の紹介」もキャリアアップには欠かせないポイントです。転職難度の高いキャリアアップの転職では、自分の目的に応じたより多くの求人にチャレンジすることが大切です。

自分自身で企業を選定するのは、非常に骨の折れる作業です。キャリアカウンセリングの際に転職エージェントに転職活動の目的を伝えることで、要望に適した求人を選定してもらうことができるのです。

自分一人では見つけることができないBtoBの優良な企業などを知れるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットでしょう。

さらに、応募書類の添削や面接の対策などの選考通過率を高めるサポートも魅力的です。前述の通り、キャリアアップの転職は難度が高く、少しでも採用確度を伸ばすためには、こういったサポートを余すことなく利用するべきといえるでしょう。

3.おすすめの転職エージェント会社

30代 キャリアアップ

転職エージェントを利用すべきなのはこれまでで触れた通りですが、どの転職エージェント会社を選ぶべきかという問題が続きます。実は転職エージェント会社は大きなものでも100社以上存在し、最適な転職エージェント会社を選ぶのは一苦労なのです。

ただ、転職エージェントはマンツーマンの担当制です。すなわち、どこまでいっても最終的には担当になったエージェントのスキルや熱意などといったパーソナリティに左右されてしまうのです。

そこで、転職エージェントは複数社利用が基本となります。大手でサポートが充実している4〜5社に登録し、担当になったエージェントを比較検討します。なかでもスキルや熱意、そして相性が良いと感じたエージェント2〜3人に絞り、その方々と転職活動を進めていくのです。

以下では、キャリアアップのためのサポートが充実した大手の転職エージェント企業を掲載しています。上から順に登録し、担当になったエージェントの選定を行っていただければと思います。

なお、詳しい選定方法・使い方については、以下の関連記事をご覧ください。

1.リクルートエージェント

転職支援の実績を最も保有しているのがリクルートエージェントです。求人数やエージェント在籍数も業界最大級で、より多くの求人を紹介してもらうことができます。

業界内での知名度も高く、多くの企業がリクルートエージェントに求人を出しています。キャリアアップの転職では目的に応じて大企業やベンチャー企業など、様々な企業に応募する必要があるため、求人数の多さは重要なアドバンテージとなります。

実績にもとづいたサポートや企業情報の提供は他のエージェントよりも手厚く、企業よっては面接内容や、職務経歴書でアピールすべきポイントなどを教えてもらうことができます。

>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

2.DODA(エージェントサービス)

DODA

出典:DODA

転職エージェント会社で、リクルートエージェントを追う規模であるDODA。人材紹介会社大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント会社です。

キャリアアップに欠かせないのが登録時に行われるキャリアカウンセリングです。

DODAは「キャリアドバイザーとの相性の良さ」や「転職活動のノウハウが聞ける」といった項目で業界満足度No.1を獲得しているため、充実したキャリアカウンセリングが期待できるでしょう。

またDODAは転職エージェントサービスだけでなく、転職サイト形式の一般的な求人紹介も行っています。情報を獲得する目的でも、登録必須のエージェントと言えるでしょう。

>DODA(エージェントサービス)の公式サイトはこちら

3.type転職エージェント

非公開求人が80%を占めるtype転職エージェント。非公開求人とは、諸般の理由でWEBサイト上で公開して募集を行うことができない求人のことを指し、優良な求人が多いとされています。

これまで紹介した2社とくらべるとやや知名度は劣るかもしれませんが、そのぶんサービスに登録する転職希望者が少なく、手厚いサービスが期待できます。

関東圏の転職に強いので、関東で転職を行う方、もしくは地方から関東への転勤を検討されている方は利用するのが良いでしょう。

>type転職エージェントエージェントの公式サイトはこちら

4.JACリクルートメント

外資系やミドル〜ハイキャリア層の転職に強いのがJACリクルートメントです。特に外資系企業の転職に力を入れており、外資系を志望されている方は登録必須のエージェント会社です。

JACリクルートメントにはネイティブのコンサルタントも多数在籍しており、ネイティブの視点で英文レジュメ(応募書類)や企業インタビュー(面接)のアドバイスを貰うことができます。

JACリクルートメントだけが保有している限定求人もあり、外資系だけでなく、年収が500万円を超えるミドル層以上の方は十分に利用価値があるでしょう。

>JACリクルートメントの公式サイトはこちら

5.ビズリーチ

これまで紹介してきたサービスと一味違うのがビズリーチです。ビズリーチはスカウト制を採っており、転職希望者がデータベースに職務経歴などのレジュメを掲載することで、ヘッドハンターや企業の人事担当者から直接アプローチを受けることができるシステムになっています。

企業側からのスカウトなので、条件は通常よりも良い傾向にあると推測されます。同時に、書類選考が通過している状態から選考がスタートするなど、選考時の優遇も期待できます。

一部利用が有料ですが、そのぶん本気度の高い企業とヘッドハンターが利用しています。より良い待遇、年収でのキャリアアップを望む場合には、短い期間でも登録して損のないサービスでしょう。

>BIZREACH(ビズリーチ)の公式サイトはこちら

4.【目的別】キャリアアップのための企業の選び方

30代 キャリアアップ

キャリアアップの目的は人ぞれぞれですが、目的に応じてどういった企業を狙うべきかを知っておいて損はありません。

一般的にキャリアアップで希望される「年収」「役職」「スキル」に焦点をあて、それぞれおすすめ企業の選定方法をご紹介します。

4-1.年収を上げるには?

年収を上げるための転職では、大手企業への転職が推奨されます。ここでの大手企業とは、厚生労働省が統計調査を実施する際に定める「従業員1000人以上」の企業を指します。

厚生労働省が発表した平成29年の「企業規模別にみた賃金」資料によると、大企業と小企業では平均して100万円近い年収格差があります。最も開きがある50〜54歳では、163.6万円も開きがあることが分かります。

また年収面だけでなく、大企業は福利厚生などの特別手当も手厚い傾向にあります。このことから、年収を上げるためのキャリアアップには大企業への転職が適切であると考えられるのです。

4-2.役職を上げるには?

他方で、キャリアアップで役職を上げるためには大手でないほうが望ましいといえます。小規模なベンチャー企業で、かつ今後社員数を増強する可能性が高い成長企業が狙い目でしょう。

若手の社員数を拡大していくベンチャー企業では、マネジメントスキルがある30代の方が役職を上げやすい環境にあるといえます。

社員数が大きく拡充されない大企業では、大きな成果を上げることや長い勤続年数を重ねることが出世の条件になりうる場合もあります。このことからも、数年のスパンで役職を大きく伸ばしたいと考えている場合は、少人数の成長企業が推奨されるのです。

4-3.スキルを高めるには?

年収や役職といった待遇面ではなくスキルなどの専門性を高めたいと考えている場合には、どのような企業への転職が望ましいでしょうか。正解は一つではありませんが、専門性を高めたい業界でトップシェアを誇る企業への転職が一つの解となるでしょう。

ただし、より大きな案件を担当し、実績としてのスキルを高めたい場合は大手企業への転職もまた正解となります。使える予算が大きな大手企業では必然的に高いスキルが求められ、スキルとともに経験を積むことができのです。

分野によっては大手企業のコンサルティングを行っている中小企業のほうが専門性の高い場合もあります。自身が高めたいスキルを考慮し、最適な企業を転職エージェントに相談してみるのが良いでしょう。

5.まとめ

30代 キャリアアップ

30代の転職は難度が高いことの反面、大きなキャリアアップが可能になる期間でもあります。今後の人生を左右する局面でもあるため、綿密なキャリアプランの構築と企業選定が肝になります。

最も大切なことは、自分にとってのキャリアアップが何なのかという目的をぶらさないことに尽きるでしょう。短期的なメリットで転職を決めてしまうことが最も危険なのです。

転職回数と成功率のグラフを鑑みると、30代の転職回数は有限です。本稿で紹介した転職エージェントを利用し、中長期的なキャリアプランのもとに転職活動を行えるようにしましょう。