職場の人間関係がつらい…と感じることはありませんか? 実は、多くの社会人が職場での人間関係に悩みを抱えています。「ISSP(国際社会調査プログラム)の2015年調査」によると、「自分の職場では、職場の同僚の関係は良い」と思っている人の割合が日本は調査対象37カ国中で最下位(69.9%)だったという調査結果が報告されています。

また、「厚生労働省の第6回21世紀成年者縦断調査」によると、仕事を辞めて転職した人の退職理由のの約30%が人間関係であることがわかっています。

このように、社会人にとって大きな悩みの種が「職場での人間関係」です。人間関係を上手く築いていくことが、仕事でのストレスを軽減し、働き続ける上での秘訣とも言えます。

そこで、この記事では、職場での人間関係に悩んでいる方に、人間関係が悪い職場に当てはまる5つの特徴とそれをチェックするための22の質問や、職場の人間関係に悩んだら実践してほしい8つのことについてご紹介します。仕事を続けるべきか辞めるべきか悩んでいる方もこの記事を読んで、自分の人生についてぜひ一度考えてみてください。

《自力で会社を辞められない人必見》初回相談無料の退職代行サービスを利用しよう
「転職を考えているけれど、会社から執拗な引き止めを受けている」「転職の意思表示をすると嫌がらせや恫喝がある」など、勤めている会社を辞められずにいませんか?

そんな時には、退職代行サービス【退職代行EXIT】を利用しましょう。
退職代行サービスは法律のプロの指導のもと、依頼者に代わって退職処理を進めてくれるサービスです。

退職代行EXIT
  • 100%の退職成功実績
  • LINEで24時間365日相談可能
  • オプション料金一切不要で退職完了までサポート
のサービスです。

初回相談は無料なので、まずは気軽にLINEで相談してみてはいかがでしょうか。

あなたの職場は大丈夫?人間関係の悪い職場に当てはまる5つのポイント

まず、人間関係の悪い職場には次のような5つの特徴があります。あなたの職場にも当てはまらないか一度チェックしてみましょう。

1.上司が自己中心的で部下から信頼されていない

職場の人間関係の悩みで特に多いのが上司との関係性です。特に「自分の考えが絶対に正しい」と思い込んで部下の話を聞かなかったり、部下のミスを全体の場で指摘・罵倒したりする上司がいると、部下の間に不信感や恐怖心が生まれます。上司への信頼関係がなくなると、報告・連絡・相談もしづらくなり、職場全体の人間関係にも大きな影響を与えます。

【確認すべき5つの項目】

  • 人の意見を聞かない
  • 自分が絶対に正しいと思い込んでいる
  • すぐ感情的になって怒る
  • 全体の場で間違いを指摘する
  • 常にイライラしている

2.社員間の風通しが悪く、情報の共有ができていない

人間関係の悪い職場では挨拶や気軽なコミュニケーションができず、仕事の進捗状況など必要な情報も共有されにくいため、行き違いや誤解が生まれ、仕事に支障をきたすことも少なくありません。また、会議中に誰も意見を言わない、昼休み中に社員同士の雑談や会話が少ないなど、あらゆる場面でのコミュニケーションが不足していることが特徴に挙げられます。

【確認すべき5つの項目】

  • 出勤時や退勤時の挨拶に元気がない
  • 大切な情報が共有されていないことが多い
  • お互いが何の仕事をしているかわからない
  • 休憩時間も社員同士の雑談や会話が少ない
  • 会議中に誰も意見を言わない

3.常に余裕がなくギスギスした雰囲気がある

人材不足や業績不振、疲労蓄積など、さまざまな理由から、精神的余裕がなくなり、常にギスギスした雰囲気が生まれてきます。余裕がなくなると、お互いへの配慮もなくなり、イライラが態度や言葉遣いに表れたりもします。また、小さな失敗やミスも許さない雰囲気が生じやすいのも特徴です。

【確認すべき4つの項目】

  • 精神的余裕がなくいつもギスギスしている
  • お互いのミスや失敗を許せない
  • イライラが態度や言葉遣いにも出てくる
  • みんなが疲れた表情をしていて活気がない

4.個人プレーが多く社員同士の協力関係がない

人間関係の悪い職場では、各々が自分の成果だけを求めて個人プレーに走りやすく、社員同士で協力して仕事を行うことができないという特徴があります。関心があるのは自分の仕事だけで、会社に貢献したいという意識も希薄になりがちです。

【確認すべき4つの項目】

  • 自分の成果が一番で周りに関心がない
  • 仕事の協力を頼める相手がいない
  • 会社に貢献する意識が低い
  • 自分の仕事が終わったらすぐに帰る

5.職場に悪口や陰口が蔓延している

人の悪口や陰口、悪い噂などが蔓延しているのも、人間関係の悪い職場の特徴の一つです。上司が欠勤している部下の悪口を言ったり、逆に部下が上司への不満を平気で同僚に話したりすることが当たり前になってきます。このような職場では、コミュニケーション上のトラブルも起こりやすく、ますます職場の人間関係が悪化していく恐れがあります。

【確認すべき4つの項目】

  • 上司や同僚への悪口や陰口が当たり前
  • 人の噂がすぐに広がる
  • 人の顔色ばかりをうかがって行動する
  • 悩みを誰にも相談できない

続けるべきか辞めるべきか?迷った際にまずは試したい人間関係に悩んだ時に実践したい8つのこと

「職場の人間関係がつらい…」と思ったら、まずは以下の8つを試してみてください。なお、これらは大きく4つのステップに分けられます。

  • 誰かに相談する(1~2)
  • 気持ちを切り替える(3~5)
  • 仕事以外にやりがいを見つける(6)
  • 転職を考えてみる(7~8)

職場での人間関係や今後の働き方についてよく考えてみましょう。それでは、具体的にお話していきます。

誰かに相談する

1.一人で抱え込まず信頼できる人に相談する

まずは、一人で抱え込まずに信頼できる人に一度相談をしてみましょう。あなたの話を親身になって聞いてくれる人が身のまわりにきっといるはずです。自分の気持ちを話すだけでも気持ちがずっと楽になります。仕事を続けるべきか辞めるべきか自分だけで悩まずに、安心して相談できる味方を見つけることも大切なことです。

【相談相手としておすすめな人】

  • 職場で信頼できる上司 ⇒ 仕事面で理解を示してくれることが多く、その後の職場でも配慮してもらえる可能性がある
  • 家族 ⇒ 自分の気持ちを一番共感してくれる存在
  • 友人 ⇒ 気持ちを共感してくれつつも客観的に見てくれる存在

2.人事・労務担当者や公正な第三者機関の専門家に相談する

会社の人事部や労務担当者、公正な第三者機関の専門家に相談してみるのもよいでしょう。最近では職場のストレスチェックを行うなど、メンタルヘルスに取り組む会社も増えてきています。社内に相談窓口があれば積極的に利用してみましょう。また、会社に相談しにくい場合は、国や自治体、NPO法人、医療機関などの各種専門機関もありますので、自分にあった相談窓口を探してみるのもよいでしょう。

【会社以外の相談窓口の例】

気持ちを切り替える

3.職場の人間関係を客観的に見つめてみる

嫌な上司や苦手な同僚など、人間関係で悩んでいる相手の行動を一度客観的に見つめてみましょう。相手の表情や態度にとらわれずに、「どうしてこのような行動をするのか」にフォーカスしてみると、冷静に考えることができるようになります。そして、「もっと〇〇してもらうにはどうしたらよいだろうか」と考えて取り組んでみるのも一つの方法です。職場の人間関係に対して自分から取り組んでいけるかどうかも、その仕事を続けられるかどうかの判断基準の目安になります。

4.相手の気持ちを考えすぎない

時には相手の気持ちを考えすぎないことも大切です。あなたが自分らしく働き、振る舞うことを理解し受け入れてくれる人と積極的にコミュニケーションを取ることをおすすめします。逆に自分に否定的な人、マイナス思考な人とのかかわりは避け、なるべくポジティブな人との付き合いを増やしていきましょう。

5.最悪の事態を想定してプラスの面に意識を向ける

職場の人間関係であなたが最も最悪だと思う事態をイメージして、心の準備をしておきましょう。もし、今まだ、そのような事態になっていなければ、心に少し余裕が生まれるはずです。心に余裕ができると自分の感情もコントロールしやすくなります。また、嫌な上司を反面教師として学んで生かすという考えも、ポジティブな考え方です。

仕事以外にやりがいを見つける

6.仕事よりプライベートの時間を大切にする

職場の人間関係でストレスがあったとしても、プライベートが充実していれば、嫌なことを忘れられることもあります。職場の人間関係に悩んで、生活にも支障が出るようでは働く意味がありません。仕事は仕事と割り切って、仕事よりプライベートを楽しんで、切替上手になっていきましょう。

転職を考えてみる

7.仕事を辞めた後の自分の姿を想像してみる

「もし、自分が仕事を辞めてしまったら?」と仕事を辞めた後の自分の姿を想像することも、働き続けるかどうかを考えるきっかけになります。仕事を辞めたら状況が改善されるのか、仕事を辞めても後悔がないか、次の仕事はどうするか…などを一度イメージしてみましょう。すぐに退職に踏み切れないときには、休職や一定の休みを取って自分の将来を考えてみるのもよいでしょう。

8.何をやってもダメなら異動や転職を考える

どんなに努力しても職場の人間関係が難しいと感じたら、人事部に部署の異動を相談したり、転職を考えることも必要です。職場の人間関係はあなただけに原因があるのではありません。一度きりの人生です。人間関係で悩んで大切な時間を無駄にするくらいなら、あなたがより自分らしく働ける場所を探すことに時間を使ってみてもよいのではないでしょうか。

まとめ|職場の人間関係に悩んだら、4つのステップで仕事を続けるか辞めるべきかを判断しよう

職場の人間関係に悩んだら、まず試してもらいたい4つのステップと8項目が以下の通りです。

誰かに相談する
1.一人で抱え込まず信頼できる人に相談する
2.人事・労務担当者や公正な第三者機関の専門家に相談する
気持ちを切り替える
3.職場の人間関係を客観的に見つめてみる
4.相手の気持ちを考えすぎない
5.最悪の事態を想定してプラスの面に意識を向ける
仕事以外のやりがいを見つける
6.仕事よりプライベートの時間を大切にする
転職を考えてみる
7.仕事を辞めた後の自分の姿を想像してみる
8.何をやってもダメなら異動や転職を考える

この4つのステップを参考にして、今の職場を続けるべきか辞めるべきか、後悔のない選択をすることが大切です。ただし、どうしても難しいときは、逃げるという勇気も必要。転職も視野に入れながら、一度しかない人生を、ぜひ自分らしく生きられるように大切に使ってください。

《自力で会社を辞められない人必見》初回相談無料の退職代行サービスを利用しよう
「転職を考えているけれど、会社から執拗な引き止めを受けている」「転職の意思表示をすると嫌がらせや恫喝がある」など、勤めている会社を辞められずにいませんか?

そんな時には、退職代行サービス【退職代行EXIT】を利用しましょう。
退職代行サービスは法律のプロの指導のもと、依頼者に代わって退職処理を進めてくれるサービスです。

退職代行EXIT
  • 100%の退職成功実績
  • LINEで24時間365日相談可能
  • オプション料金一切不要で退職完了までサポート
のサービスです。

初回相談は無料なので、まずは気軽にLINEで相談してみてはいかがでしょうか。